玉置浩二が導く音楽の海原 来春、フルオーケストラ公演が再演

写真拡大

 「音楽の宿命的な出会い」と玉置自身が称する玉置浩二×オーケストラ公演。来春、新しいオーケストラ作品とともに待望の再演公演【CURTAIN CALL】が始動する。

 玉置浩二と国内外の主要オーケストラとの名演は、2015年より毎年、日本の音楽シーンを席巻。「田園」「行かないで」「あの頃へ」「夜想」等、30余年にわたる玉置浩二、安全地帯の名作が管弦楽の響きのなかで新しい生命を纏い披露される。

 3年目を迎えた2017年初夏は、ソロ・デビュー30周年記念【THE GRAND RENAISSANCE】公演を開催。力強さと精緻さを兼ね備えた玉置浩二という驚異的な音楽家が、名指揮者&オーケストラとの競演によって見事な作品群を歌い上げる。“あの頃へ”と題された舞台で聴衆は、玉置の歌声が描く壮大なドラマの世界に引き寄せられ、玉置が導く音楽の大海原の中で、自らの過去から未来への旅立ちを始める。そして、その歌の灯を辿りながら、フィナーレを飾る大きな喝采の海原の仲で陶酔するのだった。

 2018年3月より行われる新公演。玉置浩二の鮮烈な音楽の海原は、再び、聴衆たちをそれぞれの大切な“あの頃へ”と誘うに違いない。なお、9月18日にはテレビ東京系列にて、特別番組『玉置浩二 歌に込めた想い』が放映される。ファンはこちらにも注目。


◎公演情報
【玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート2018
THE GRAND RENAISSANCE
-CURTAIN CALL-】

2018年3月2日(金) 愛知県芸術劇場大ホール(?澤寿男指揮 ビルボードクラシックスオーケストラ)
2018年3月7日(水) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)(栗田博文指揮 九州交響楽団)
2018年3月11日(日)パシフィコ横浜 国立大ホール(?澤寿男指揮 東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ)
2018年3月16日(金)・17(土) フェスティバルホール(?澤寿男指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団)
2018年4月13日(金) 札幌コンサートホールKitara(山下一史指揮 札幌交響楽団)

料金:12,500円(税込・全席指定)
※特典DVD&特製プログラム付
※未就学児入場不可

<特典DVD内容>※会場限定配布品
2017年8月30日 横浜みなとみらい公演《?澤寿男指揮、日本フィルハーモニー交響楽団》&インタビュー映像他、約60分)

◎詳細URL:
http://billboard-cc.com/classics/

◎テレビ番組情報
特別番組『玉置浩二 歌に込めた想い』(テレビ東京系列)

2017年9月18日(月・祝) 昼12:00放送
(テレビ北海道/テレビ東京/テレビ愛知/テレビ大阪/テレビせとうち/TVQ九州放送)

<内容>
ソロデビュー30周年を迎え、さらに精力的に歌い続ける玉置浩二は、3年目のフルオーケストラコンサートを終えて何を感じ、何を思ったのか? 8月30日、横浜みなとみらいホール公演(?澤寿男指揮、日本フィルハーモニー交響楽団)のライブ映像や、特別インタビューで玉置浩二の「今」に迫る。