手塚治虫×冨田勲×初音ミク、全曲試聴&クロスフェード動画公開

写真拡大

手塚治虫の生誕90周年、冨田の生誕85周年、さらに初音ミクの歌声合成ソフトウェア発売から10周年を記念して企画された異色のコラボレーションアルバム『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』が9月6日にリリースされる。同アルバムの全曲試聴と、今回の収録曲で構成されたクロスフェード動画が公開された。

◆初音ミク Sings“手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”SPECIAL XFD MV

今作は、日本ジャズ界のレジェンドである佐藤允彦氏によるジャズ生演奏をバックに、「リボンの騎士」や「ジャングル大帝」「どろろ」など、冨田勲×手塚治虫往年の楽曲を初音ミクや重音テトなどバーチャル・シンガーの歌声、さらにはリアルなシンガーとのデュエットなどを織り交ぜながら展開する内容だ。

さらに初音ミクは、歌のみならずナビゲーターとして全編にわたり語り手として登場する。アルバム最後に収録されているスペシャル・エンディング「全ての手塚作品へ敬意を。初音ミクより、ラップに乗せて」に至っては、ミクがオフィシャルでは初めての「ラップ/ポエトリーリーディング(詩の朗読)」を展開。気鋭のトラックメイカーしじまかいせ氏によるトラックをベースに、クリプトン社が既存の初音ミク・ソフトウェアに手を加えることでバーチャル・シンガーに新たな息吹を吹き込み、偉大なる先達である巨人・手塚治虫の世界観にリスペクトを捧げるラップ/ポエトリーリーディングを披露する。全曲試聴でその一端を聴くことができるので、ぜひチェックを。

クロスフェード動画では、初音ミクが登場し内容を紹介している。アルバムに収録されているゲストとのトークシーンほか、注目のラップ部分のパフォーマンスシーンも収められている。

なお、初回限定盤は、アザージャケット5種や3種のイラスト缶バッジが封入されるほか、アルバム収録トラックとは異なるアウトテイク音源2曲のダウンロードが可能だ。

【全曲試聴】
URL:http://columbia.jp/tomita/newrelease.html

※注記:手塚治虫の“塚”の字は、正しくは旧字体(塚に“ヽ”がある字)

佐藤允彦 meets 初音ミクと歌う仲間たち(w/ 重音テト)
『初音ミク Sings“手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』
2017年9月6日発売
■初回限定盤(グッズ付:豪華版)
UHQ-CD・COCQ-85371 ¥4,800+税
■通常盤
UHQ-CD・COCQ-85372 ¥3,000+税

【初回限定盤 特典】
1. 5種類のアザージャケットを封入(手塚記念館「初音ミク展」で展示中のミク×手塚作品コラボイラスト+α)
2. 初音ミク&手塚アニメキャラクター:コラボイラスト&ジャケット写真使用のイラスト缶バッジ封入
3.「初音ミクsings アウトテイク(2曲)」――アルバム収録トラックとは異なる「リボンのマーチ」「ぼくに力をお父さん」の初音ミクソロ歌唱バージョンをダウンロード可能

【収録内容】
初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”
[1] オープニング:『リボンの騎士』から「リボンの騎士」(オリジナル)*
[2] 初音ミクTALK 1 〜初音ミクです、こんにちは!
[3] 『リボンの騎士』から 「リボンの騎士(王子編)」初音ミク
[4] 初音ミクTALK 2 〜手塚治虫先生&冨田勲先生の紹介
[5] 『リボンの騎士』から「リボンのマーチ」初音ミク&前田玲奈
[6] 初音ミクTALK 3 〜「ジャングル大帝」の紹介
[7] 『ジャングル大帝』から「アイウエオ マンボ」初音ミク
[8] 『ジャングル大帝』から「ぼくに力をおとうさん」重音テト&初音ミク
[9] 初音ミクTALK 4 〜ゲスト・スピーカー:辻真先さんを迎えて
[10] 『どろろ』から「どろろのうた」初音ミク
[11] 初音ミクTALK 5 〜ゲスト・スピーカー:手塚るみ子さんを迎えて
[12]『ジャングル大帝』から「ジャングル大帝のテーマ」初音ミク、重音テト&前田玲奈

スペシャル・エンディング
[13]全ての手塚作品へ敬意を。初音ミクより、ラップに乗せて
(インストゥルメンタル/MONO)*