「相変わらずのバケモノ」 天才・家長が正確無比な一撃 2得点に中村ら同僚が絶賛

写真拡大

ルヴァン杯準々決勝第1戦、FC東京戦で家長が2ゴールと活躍 2-0で勝利

 30日にルヴァン杯準々決勝第1戦が行われ、川崎フロンターレがFC東京との“多摩川クラシコ”で2-0と先勝した。

 フル出場で全ゴールに関与した元日本代表MF家長昭博をチームメイトが「相変わらずのバケモノ」と絶賛している。

 川崎はリーグ戦から中2日という影響もあり、大黒柱のMF中村憲剛をはじめ、10番のMF大島僚太、MF阿部浩之、FW小林悠らがベンチスタートになるなど、直近の試合から先発8人を変更。一方のFC東京も直近の試合から4人の先発を入れ替えたが、古巣対戦を迎えたFW大久保嘉人、FWピーター・ウタカらは先発した。

 前半はともに決定打を欠いたなか、後半29分に均衡が破れる。川崎のFW森本貴幸が家長とのパス交換でエリア内に侵入し、相手に倒されてPKを獲得。これを家長が冷静に沈めて川崎が先制する。さらに後半45分、家長がエリア内右の小林にパスを通すと、そのままゴール方向へとダッシュ。リターンパスを受けて左足を振り抜くと、家長の正確無比な一撃がゴール左へと吸い込まれ、会場のボルテージはピークに達した。

 そのまま川崎が2-0で勝利し、9月3日の敵地第2戦に向けて優位な立場に立っている。殊勲の2ゴールと圧巻のパフォーマンスを見せた家長に対して、中村はツイッターで「アキナイス2ゴール??」と賛辞を送った。また、試合直後の家長を撮影した写真とともに、「はいでました。。」とコメントを添えて驚嘆の声を上げた同僚がいる。

写真とともに「あなたは…バケモノです!」

 家長を手放しで称賛したのは、同じ86年組で31歳のDF武岡優斗だ。6月に以前から痛めていた左膝の手術を受け、復帰まで約6カ月という見通しのなか現在は懸命にリハビリに励んでいる。

 武岡のツイッターでは、試合直後の家長を直撃したと思われる写真をアップ。ユニフォームを着たままお茶目な表情を浮かべる勝利の立役者に対して、「相変わらずのバケモノ。(笑)」と冗談交じりに活躍を称えた。さらに「あんな活躍してたらおしとやかに写ろうとしても無理ですよ(笑)あなたは…バケモノです!!」と褒めちぎった。

 今季、大宮アルディージャから川崎に移籍した家長は、シーズン序盤こそ怪我の影響で出遅れていたが、第12節の鹿島アントラーズ戦で途中出場し、新天地でリーグ戦初出場を飾った。第22節の鹿島戦で移籍後リーグ初先発を飾り、初ゴールもマーク。以降は公式戦5試合連続先発とチームに不可欠な存在となっている。

 ガンバ下部組織時代から天才と称されたレフティーが本領を発揮しはじめ、チームメイトをも唸らせているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】武岡優斗が公式ツイッターに投稿した試合直後の家長 「カメラ向けると…この顔。。。」


武岡優斗が公式ツイッターに投稿した試合直後の家長 「カメラ向けると…この顔。。。」

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開された「川崎×FC東京」 家長の2ゴール


後半29分:家長昭博(川崎F)


後半45分:家長昭博(川崎)