武藤所属のマインツ、Lottoの2017-18新ユニフォームは個性派揃いだ!

写真拡大 (全7枚)

ここまで2節を消化したブンデスリーガ。武藤嘉紀が所属するマインツはハノーファーとシュトゥットガルトに連敗を喫し、スタートダッシュに失敗した。

それだけに、このタイミングでの代表ウィークによるリーグ中断は、いったんリセットという意味でも好都合だろう。

マインツの2017-18シーズン用ユニフォームは、まず5月11日にホームキットを発表し、7月にアウェイとサードの両キットを発表。ホームこそオーソドックスだが、アウェイとサードは個性的なデザインに仕上がっている。

Mainz 05 2017-18 Lotto Home

新しいホームキットは、2016-17シーズンのホーム最終戦(対フランクフルト)で実戦披露。この試合は4-2でマインツが勝利を収め、途中出場の武藤がチームの1部残留を引き寄せる勝ち越し点を決めている。

この数年間はデザインに極端な変化はないが、配色はよりホワイトを強調したものとなっている。

背面の首元にはクラブ創設年の“1905”をプリント。袖はLottoでは珍しいラグランスリーブだ。

Mainz 05 2017-18 Lotto Away

ブラックはマインツのユニフォームに度々使われるので目新しくはないが、立体感がある棘のようなグラフィックはかなりユニークだ。

他のキットと異なり、両袖と右胸のメーカーロゴマークにはゴールドを配している。

背面にはグラフィックプリントはなく、ブラック一色となっている。

Mainz 05 2017-18 Lotto Third

サードキットはブルーのメランジ柄で、アウェイキットと同じく珍しいデザインとなっている。スポンサーの“KÖMMERLING”(コマリング)は、窓枠などを製造するドイツの建材メーカー。

他のキットと同じく、背面首元には“1905”のプリント入り。肩部分のデザインも各モデル共通だ。

サードキットの“公式戦デビュー”は、8月12日に行われたDFBポカール1回戦のリューネブルクSKハンザ戦。4部リーグのチームが相手だったが、スコア3-1で勝利。武藤は2得点でマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。