エースFWトミ・ユリッチが前日練習を欠席。それでも指揮官の信頼は揺るがないか【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

エースFWが前日練習欠席。それでも信頼は揺るがず…

決戦の日がやってきた。ロシアW杯アジア最終予選で日本代表とオーストラリア代表が激突する。世界の舞台に立つ権利を勝ち取るために、オーストラリアは4年をかけてスタイルを進化させてきた。アジア最大のライバル・日本との試合こそ、アンジ・ポスタコグルー監督が始めた革命の集大成を示す場所になる。(取材・文:植松久隆)

--

「過去の最終予選で、オーストラリアに勝利したことはない」

 最寄りの浦和美園駅から試合会場のスタジアムまで歩く道中に掲げられていた某日本代表スポンサー企業の屋外広告には、冒頭のコピーが大書されていた。同行の豪人記者にその訳意を伝えると、非常に興味深そうにその広告を写真に収めていた。

 自信だろうか、余裕だろうか。試合前日会見にキャプテンの代役が予想されるマーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)を伴って臨んだアンジ・ポスタコグルー監督は、日本戦特有の大勢のメディアを前にしても変わらずに落ち着いていた。

 その会見では、期せずして、上記のコピーと同じ意味合いの「オーストラリアは最終予選で日本に負けたことがないが、それについてはどう捉えるか」という問いが投げかけられた。

 それに対して、ポスタコグルー監督は「どちらが有利ということはない。明日は、日本もオーストラリアも同じ立場で対戦する。(中略)互いに最善を尽くす試合が非常に厳しいものになることは分かっているので、勝つために最大限の努力をする必要があり、ここまでもそれはうまくいっている。明日も今までと同じ姿勢、自分たちに勝利する力があると信じて、精一杯努力するまでだ」と自信をもって回答。いつもながらの独特の淡々とした語り口ながらも、その答えの一つひとつには大一番に臨むチームへの自信と信頼がにじみ出ていた。

 会見後に行われた試合前日練習。試合会場のピッチに姿を見せたのは総勢22名。急遽招集され到着したばかりのGKアダム・フェデリチ(ボーンマス)の姿もあったが、1名の選手が不参加。スタンドの上から目を凝らしてみれば、前日のトレーニングも休んだFWトミ・ユリッチ(ルツェルン)が見当たらない。前日は「到着が遅かったのでリカバリー優先」との広報のコメントが取れたが、今回は同様の確認が取れなかった。

 その後、今朝の時点でポスタコグルー監督が複数の豪メディアに「(ユリッチは)週末の試合でちょっとした打ち身があったようだ。しかし、試合当日には全然問題ない」と漏らしていたとの確度の高い情報を得た。その発言からも分かるように、週末(日曜)の試合で90分プレーをしただけに、疲労回復を優先させて万全を期したものと思われる。そう考えれば、前日練習の不参加があっても、当日の1トップでの先発は変わらないのではないか。

難しい先発メンバー予想。中盤の起用法は流動的

 練習に先立っての会見にミリガンが登場したことで、本人は「まだ試合に出るかもわからない」と煙に巻いたものの、彼がキャプテンとして先発するのはほぼ間違いない。しかし、そのポジションは流動的だ。ただ、ケガの回復具合に多少の危惧が残っていた守備の要トレント・セインスベリー(江蘇蘇寧)が、前々日、前日練習で完全にフィットネスが戻っていることを見せたのを考えれば、本来のキャプテンであるミレ・ジェディナク(アストン・ヴィラ)不在の中盤の底でチームを鼓舞すると見るのが妥当であろう。

 予想が難しいのが、もう1人のボランチだ。候補としては、アーロン・ムーイ(ハッダーズフィールド)、ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ)、マッシモ・ルオンゴ(QPR)、マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城)などが考えられる。日本が勝ちを狙って当初の予想より攻撃的に来る可能性が高いこともあって、ミリガンのパートナーには、攻守ともに頑張れるタイプが適任と感じる。本来はより攻撃的なポジションでのプレーがベストのムーイが、ひとつポジションを落としてくることも考えられるが、ここは攻守に機動力をフル回転できるアーバインを推したい。

 3バックは、真ん中にセインスベリー、右にミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)、左にベイリー・ライト(ブリストル・シティ)の組み合わせと考えるのが自然。そこに割って入るとすれば、上記のミリガン、さらには経験を買ってのスピラノビッチ起用の可能性もゼロではない。GKに関しては、第2GKのミッチ・ランゲラク(シュトゥットガルト)がクラブレベルでの問題(おそらくは移籍に関するものと思われる)で急遽合流を取りやめた時点で、ほぼ100%の確率で正GKのマシュー・ライアン(ブライトン)が先発してくる。

 2シャドーのポジションには、ムーイとトム・ロギッチ(セルティック)を並べるのが一番妥当。前述のようにムーイをひとつ落とすオプションを起用すれば、代わりにジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)、ロビー・クルーズ(ボーフム)が先発する可能性も低くは見積もれない。左右のサイドハーフは、右にマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)かクルーズ、左は万全ならブラッド・スミス(ボーンマス)だが、ケガ明けということもあって、若いアレックス・ガースバック(ローゼンボリ)の起用があっても驚かない。

予想フォーメーション:3-4-2-1

GK:ライアン
右CB:デゲネク
中央CB:セインズベリー
左CB:ライト
右CMF:アーバイン
左CMF:ミリガン(ムーイ)
右WB:レッキー(クルーズ)
左WB:スミス(ガースバック)
右OMF:ロギッチ
左OMF:ムーイ(クルーズ)
FW:ユリッチ

革命の集大成を示す夜。高さとフィジカルだけでない新しい豪州へ

 ここまで駆け足で先発予想をしてきたが、今回ほどメンバー予想が難しいこともそうそうない。6月のコンフェデレーションズ杯で世界の強豪を相手に善戦した3試合では、試合ごとに様々な組み合わせを試して、全ての試合で成果を得た。成長を続ける若手の出現が全体的な戦力の底上げを加速させた結果、1トップを除く全てのポジションで同等の力を持つ選手が競い合うような状況が生まれている。4年をかけて確実に進められた強化は「ポスタコグルー革命」と称されるほどの成果をあげて、オーストラリアのサッカーのスタイルを一変させることに成功した。

 試合前日会見で、ポスタコグルー監督は「自分のスタイル(パスサッカー)を貫いて勝利を目指すのか」という問いに、「それは、とても重要。私が4年前に就任してから計画が動き出したが、今が最もクリティカル(重要)な状態。明日の試合は我々にとって非常に重要だ。ここまで積み上げて進化させてきた哲学とスタイルを発揮しなければならない。W杯予選では、ホームでもアウェイでもどんな条件下であっても常に勝利を目指してきた。それこそが今のチームのDNAとなっており、明日もそのスタイルは変わらない」ときっぱりと語った。

 時として頑固なほどに自らのやり方を貫ぬいてきた指揮官。最終予選の佳境でアジア有数のライバルとの激突という状況下でも、己の信じるものを貫き通すことで創り上げた新しいオーストラリアのサッカースタイルを、満員の観衆の前で披露したいと考えているに違いない。

 もし、その思いを勝利とW杯予選通過というポジティブかつインパクトのある形で達成できれば、明日の試合は「ポスタコグルー革命」の集大成とも云うべき重要な夜となる。いまだに「高さやフィジカルの強さ」だけでオーストラリアのサッカーを語る人々は、明日の試合の後に何を語るのだろうか。

 いよいよ、決戦の日。「人事を尽くして天命を待つ」ーーポスタコグルー監督は、この故事は知らないまでも、それに似たような心境に違いない。

(取材・文:植松久隆)

text by 植松久隆