日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

重要なテーマとなる、大量召集FW陣の起用法

 2018年ロシアワールドカップアジア最終予選に臨んでいる日本代表。31日夜、ついにオーストラリアとの大一番を迎える。本大会出場がかかる一戦で注目を集めているのが攻撃陣だ。特に27名の招集メンバーのうち、9人を数えたFW。大量召集となったアタッカーのうち、誰がピッチに立つのだろうか。(取材・文:元川悦子)

----------

 6大会連続の世界切符獲得をホーム・埼玉スタジアムで決められるのか…。8月31日の2018年ロシアワールドカップアジア最終予選の大一番・オーストラリア戦はまさにそれが全てと言っていい運命の一戦だ。

 8試合終了時点で2位につけていたサウジアラビアが29日のアウェイUAE戦を1-2で落としたことで、日本はこの決戦に勝てなかったとしても2位以内の可能性は残る。

 だがヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「我々の状況は変わらないし、決意も変わらない。イラク戦(テヘラン)で収められなかった勝利を明日収めたい」と語気を強めた通り、ホーム最終戦は白星を狙うしかないだろう。となると、昨年10月のアウェイ戦(メルボルン)とは違う試合を見せなければならない。

 振り返って見ると、前回対戦での日本は超守備的にも見える戦術を採った。本田圭佑(パチューカ)のタテパスに走り込んだ原口元気(ヘルタ)が早い時間帯に先制したものの、後半頭にPKで失点。

 その後は必死にゴールを死守する展開だった。香川真司(ドルトムント)が「カウンターから2〜3本のチャンスを作った以外はゴールへの道筋を見つけられなかった」と失望感を露わにした通りだった。

 しかし、今回は「自分たちがポゼッションしたい」と吉田麻也(サウサンプトン)が話した通り、自らアクションを起こして主導権を握る展開が理想的。大量招集されたFW陣をどう活用するかは1つの重要なテーマになってくる。

 試合前夜にアジアサッカー連盟(AFC)が公式サイトで発表したリストによれば、植田直通(鹿島)、三浦弦太(G大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン)、武藤嘉紀(マインツ)が登録メンバーから外れている。試合開始90分前まで変更可能ではあるが、これまではアクシデントで直前に入れ替わる程度であり、この通りで本番に突入するだろう。

 となると、本番に挑むFWは8人。最近の流れを踏まえると、1トップ・大迫勇也(ケルン)、右FW久保裕也(ヘント)、左FWは原口元気(ヘルタ)が先発常連組である。が、大迫はケガ明け、久保はリーグ5試合無得点と懸念材料を抱えている。

 原口に至っては、リーグ2戦合計46分間の出場。最終予選4戦連続ゴールという輝かしい実績もここへきてかすみがちだ。

運命の一戦へ、ハリルはコンディション重視か

 運命の一戦にのぞむに当たり、ハリルホジッチ監督はコンディション重視の考えが根強い模様で、まだ今季一度も90分フル出場していない原口と本田、浅野拓磨(シュツットガルト)もやや厳しいかもしれない。

 ゲームにコンスタントに出ている乾貴士(エイバル)、杉本健勇(C大阪)はハリル体制での代表経験が低いという難点があり、クラブでの出場時間と得点数、代表経験値の全てをクリアしているのは岡崎慎司(レスター)1人ということになる。今回はその岡崎をどこかで使えればチームの力になりそうだ。

 ただ、昨年11月のサウジアラビア戦(埼玉)以降4試合の前線での貢献度、前回イラク戦(テヘラン)での先制弾などを踏まえると大迫は外せない。大柄なDF陣の揃うオーストラリア守備陣との競り合いを考えても1トップは高さに勝る大迫だろう。岡崎を使う場合はサイドのいずれかになるか。実際、非公開だった29日の練習では左右両方で試された模様だ。

 右はアルベルト・ザッケローニ監督時代の岡崎の定位置。「左の香川・長友佑都(インテル)で作って右の岡崎が仕留める」というパターンだったため、その感覚が残っている右の方がいいかもしれない。「何が起きても対応できるように強い気持ちを試合開始から出したい」と言う背番号9だけに、実際にサイドで使われたとしても、平常心でのぞめるはずだ。

 そのうえで、久保を左に回すのは1つの有効なアイディアかもしれない。「左サイドだと中に入って行ける」と久保自身もよりゴールに直結する仕事を担えると考えている。イラク戦の久保は環境適応に失敗し本来の輝きは影を潜めたが、今はゴールが取れていないだけで動きは決して悪くない。「結果は出てないけど、チャンスはありますし、そのうちまた入るかなという感覚でやってるから。焦っても取れないし」と楽観的である。

 以前、本田も「ゴールはケチャップみたいなもの。出る時はドバドバっと出る」という名言を残したが、今の久保はまさにそんな心境だ。その彼がやるべきなのは、3月のUAE戦(アルアイン)で見せた矢のような飛び出しの再現。「あの時はシンプルにチャンス1本でも1点って感じだったんで、チャンスが来た時に集中して決めきれるようにしたい」と本人も自身に言い聞かせていた。

試合直前になりスタメン候補に浮上してきた乾と浅野

 岡崎、大迫、久保の3人が先発有力と見られていたが、試合直前になって乾と浅野もスタメン候補に浮上してきた。オーストラリアが3バックを採用していることから、アウトサイド裏のスペースが狙い目。しかも、トレント・セインズベリー(紅蘇素寧)を軸とした相手DF陣は「長身でアジリティに問題のある選手が多い」と吉田が分析する通りの弱点がある。

 だからこそ、傑出したドリブルスキルを持つ乾、爆発的なスピードのある浅野がより有効になってくる。そんな考え方もできるのだ。

「ドリブルはかなり有効になってくる。相手はそんなに速さがある選手が多いわけではないので。特にディフェンスラインは仕掛けていければいい」と乾も自分自身が武器になれることを自覚している様子。

 浅野にしても今季ブンデスリーガ1部昇格したシュツットガルトでタテへの侵入を繰り返していて、ハリルホジッチ監督の意図する動きができる。フレッシュな2人を外で使うという賭けに指揮官が打って出るかどうかも大きな注目点だ。

 本田と原口は2列目のインサイドハーフで先発、あるいはサブとして位置付けられる可能性があるのではないか。

 特に本田は新天地・パチューカで中央寄りのポジションで使われていて、デビュー戦だった22日のベラクルス戦ではゴールもゲット。ここ一番の勝負強さは折り紙付きだ。高地から平地に下りたことで心肺機能は向上するだろうから、長い時間のプレーも期待できる。リスタートの守備を考えても、182cmの本田はピッチにいた方がいい。ハリルホジッチ監督の決断が待たれる。

 FW陣最後の1枚である187cmの新戦力・杉本は、パワープレーが必要になった時のオプションだろう。こうした面々をうまく使いこなしてこそ、オーストラリアからゴールを奪って勝ち切ることができる。

 過去の戦いを見ても、オーストラリアは日本が1点を取ってもしぶとく追いついてくるチーム。確実に勝ち点3を手に入れるには複数得点が欲しい。その大仕事を誰が果たすのか。大迫、岡崎、久保でもいいし、それ以外の選手でもいい。誰がヒーローの座をつかみ取るかにフォーカスしつつ、天王山を注視したい。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子