このような場面が、31日の決戦では何度見られるだろうか。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全5枚)

 8月31日、日本代表は埼玉スタジアムで、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、オーストラリア戦に臨む。

 勝てば本大会出場が決まる一戦だが、逆に勝てなければ、最終戦がアウェーでのサウジアラビア戦ということもあり、非常に厳しい状況に追い込まれることとなる。ゆえに、このホームゲームは絶対に勝たなければならない一戦なのだ。
 
 そのためには、攻守の安定した組織も大事だが、何よりゴールが必要となる。堅固な守備を誇るオーストラリアの牙城を崩すのは、果たして誰か。
 
 ここでは、過去6度行なわれたW杯でのオーストラリア戦でゴールを決めた選手たちを紹介しよう。この系譜に連なる“英雄”がどれだけ増えるか、期待したい。
 
◇1人目
渡辺 正
1970年メキシコW杯予選ファーストラウンド・第1戦
 
 前年にメキシコ(シティ)五輪で銅メダルを獲得し、日本サッカー界が活気に満ちていた最中に、臨んだ70年メキシコW杯予選。当時はアジアだけでなく、オセアニア、さらにはアフリカの国も参戦して1枠を争った。
 
 日本は銅メダルの勢いを持って臨みたかったところだが、大黒柱のストライカー、釜本邦茂が肝炎で今予選を欠場し、チームの攻撃力は半減することとなってしまった。
 
 韓国、オーストラリア(当時はオセアニア連盟所属)との2戦総当たりのファーストラウンドはソウルでの集中開催となり、日本にとっては全ての試合が完全アウェーという過酷な状況を強いられた。
 
 69年10月10日、オーストラリア戦との初戦、日本は相手のパワーとスピードに圧倒され、5分に早くも先制される。それでもその5分後、東京、メキシコ五輪でも活躍したスピード溢れるゴール前のスペシャリスト、渡辺正が決めて同点とする。
 
 しかし、地力で劣る日本は、後半にも61分、68分に追加点を奪われ、1-3で完敗。早くも、初のW杯出場には暗雲が垂れ込めた。
 
◇2人目
宮本輝紀
1970年メキシコW杯予選ファーストラウンド・第3戦
 
 首位しか次ラウンドに進めないファーストラウンド、日本はオーストラリアに完敗した後、韓国とは2-2の引き分け。一方のオーストラリアは韓国からも勝利を挙げた。
 
 10月16日、必勝を期して2度目の直接対決に臨んだ日本は、開始4分で、当時、日本一のテクニシャンと呼ばれた宮本輝紀が先制ゴールを決めた。
 
 しかし、オーストラリアに前半のうちに同点とされ、以降はゴールを奪えず。これで首位の可能性は消滅し、後日、韓国にも敗れて最下位で予選は終了した。
 
 なお、首位のオーストラリアはこの後、ローデシア(現ジンバブエ)を下してファイナルラウンドに進出するも、イスラエルに敗北を喫し、あと一歩のところで本大会出場を逃した。
 
◇3人目
田中マルクス闘莉王
2010年南アフリカW杯最終予選・最終戦
 
 90年代にプロ化して劇的な変化を遂げた日本サッカー界。そこからの成長は目覚ましく、アフリカ大陸で初めて開催されるW杯の予選を迎えるまでに、すでに3度の本大会出場を果たしていた。出場枠の拡大もあり、この頃には予選突破は日本にとってクリアしてしかるべきという最低限の課題であった。
 
 今予選では、当初チームを率いていたイビチャ・オシム監督が脳梗塞に倒れ、岡田武史監督が急遽、後任を務めるというアクシデントにも見舞われたが、日本は内容は悪くとも勝点を積み重ね、アウェーでのウズベキスタン戦に勝利し、2戦を残して南アフリカ行きを決めた。
 
 09年6月17日の最終戦、メルボルンでのオーストラリア戦は消化試合となったものの、ホームでの一戦をスコアレスで逃げ切られた日本は勝利を目指して戦い、田中マルクス闘莉王がCKから相手DFに競り勝ってのヘッドでゴールネットを揺らす。オーストラリアにとって、これが最終予選で初(そして唯一)の失点だった。