全米オープンテニス、男子シングルス2回戦。リターンを打つアレクサンダー・ズベレフ(2017年8月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)は30日、男子シングルス2回戦が行われ、大会第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)は、6-3、5-7、6-7(1-7)、6-7(4-7)で世界ランキング61位のボルナ・チョリッチ(Borna Coric、クロアチア)に敗れた。

 今月のロジャーズ・カップ(Rogers Cup 2017)では、決勝でロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)を破って栄冠に輝くなど、今季ツアー5勝を挙げているズベレフは所属するボトムハーフで最もランキングが高い選手となっていた。

 勝利を収めたチョリッチは試合後、「彼は多くの大会で優勝し、素晴らしい一年を送っている。この試合に勝てたのは大きな意味がある」と喜んだ。

 フルセット突入へあと1ポイントまで追い詰められながらも、5ポイントを連取して踏みとどまり、4セットでの決着にこぎづけたチョリッチは次戦、4回戦進出をかけてケビン・アンダーソン(Kevin Anderson、南アフリカ)と顔を合わせる。

「とにかくポイントを短くしようと試みた。少しラッキーだった面もある」

 ズベレフの敗退を受け、ボトムハーフ最高位の選手となった2014年大会覇者のマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)は同日、ドイツのフロリアン・マイヤー(Florian Mayer)を6-3、6-3、6-3のストレートで退け、3回戦進出を決めている。
【翻訳編集】AFPBB News