9月5日(火)〜8日(金)、片山津ゴルフ倶楽部・白山コース(石川県加賀市)で公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)主催による「2017年度PGA資格認定プロテスト・最終プロテスト」が行われる。


PGAの公益社団法人化に伴い、2014年度より受験資格をオープン化(申込年度に16歳以上)。今年はプレ予選から最終までで約1000名が挑戦し、プレ予選からは22名が最終プロテストに進出を決めている。

2016年日本アマチュアゴルフ選手権覇者の亀代順哉や、2016年日本学生ゴルフ選手権競技優勝の阿久津未来也、あるいは2015年日本ジュニアゴルフ選手権を制した篠優希をはじめ、18歳から56歳までの幅広い世代151名(予定)が、PGAトーナメントプレーヤーを目指して挑む。なお、50位タイまでが合格となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

亀代順哉が出場!2017年日本男子ツアー・セカンドQT成績
平均飛距離300y→270y 亀代順哉は骨折おしてド根性出場
和製大砲、亀代順哉の次なる戦いの場はインド「楽しみ」
池田勇太に勝つためには「パフォーマンスを出させない工夫が必要」【ツアーの深層】
石川遼、生き残りへ! ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集