夏本番に比べると少しは涼しくなってきましたが、まだまだ暑い季節が続きます。涼しさ優先で露出の多い格好をしていると、体型がもろに分かってしまうことも。男性から見て「あれ? 何かオバサンっぽくなった?」と感じるポイントをまとめました。

下着の「色」「形」

・ 「白い服を着ていて下着が透けちゃってる子って多いですよね。見えてる下着がベージュなどの色だと若々しさが感じられなくてちょっと残念な気持ちに」(30歳/音楽業界)

・ 「どうしてもモカやベージュの下着ってオバサンが着けてるイメージがあるんですよ。若い子はピンクや水色のイメージがあります」(24歳/旅行業界)

▽ ベージュや茶系などあえて透けにくい色の下着をチョイスしているのに、男性から見ると「オバサンっぽい」と感じてしまうこともあるようです。「この服透けるかも」と思ったら下着の上にもう一枚キャミソールなどを羽織るなどして絶対透けない工夫をするのも手ですね。

ブラやショーツからの「はみ肉」

・ 「ブラの上やジーンズの上にお肉が乗っかっているのを見ると年齢を感じてしまいます」(27歳/美容関係)

▽ サイズの合わないブラやショーツははみ肉のもと。無理してきつめの下着をつけるよりも、余裕のあるサイズを身に着けたほうが痩せてみえる効果が高いようです。シルエットが出やすい夏服こそ下着には気をつかいたいですね。

ダボッとした服を着ている

・ 「以前はいつも体型が分かるピタっとした服を着ていた子が、ダボッとしたAラインのワンピースなどを着ていると『太ったのかな?』と感じてしまうことも……」(30歳/歯科医)

▽ 暑いとついタイトな服装を避けて風通しのいいゆるっとした服を身に着けたくなりますね。ただ、ダボッとした服は男性からは不評のようです。あまり他人からの見え方を気にしていない感じがオバサンっぽく見えてしまう原因ともいえるでしょう。

タプタプとした二の腕

・ 「ノースリーブの服だと、二の腕の太さは気になってしまいます。久々に会った女友達の二の腕ががっしりしているように見えて、年取ったかも、と思っちゃいましたね」(28歳/不動産関係)

▽ ぷにぷにした二の腕が好き……という男性もいますが、お肉がタプタプと垂れ下がっているように見える二の腕はNGだそう。肩や首のラインで二の腕が太って見えてしまう服は避けたほうが無難かもしれませんね。

暑いとついファッションも手を抜きがちになりますが、手抜きはオバサン化のもと。「適当でいいや」を繰り返してしまうことはオバサン化への近道になってしまいます。体型が分かってしまう薄着の季節だからこそ、いつもより気をつけたいですね。