画像:YouTube

有力紙『Bloomberg』が、閲覧したiPhone 8の写真や関係者の話を元に、iPhone 8でiOSの操作方法がどのように変わるのかを解説した記事を公開しました。

「ホームボタン」ではなく「ホームバー」に?

iPhone 8は本体のサイズを『iPhone 7』相当に抑えながら、より大きな画面を搭載するために、物理的なホームボタンを廃止すると噂されています。

画面下に仮想ホームボタンを表示する、という説が有力視されていますが、Bloombergはボタンではなく細い「バー」が画面下に表示される、と報じています。

このバーを画面中央までドラッグするとロック解除、アプリを起動している最中に同様の操作を行うとマルチタスク(アプリ切替)画面を表示。そのままバーを上までドラッグして指を離すと、ホーム画面に戻れるようです。

バーをタップすると何が起こるのかは説明されていません。ボタンではなくバーになったことから、タップ操作は想定していないのかもしれません。

この情報を元にしたと思われる、@charavelが制作した予想CGが公開されています。

ベータ版『iOS 11』からは、今回紹介されている機能に似た操作を収めた動画が発見されています。

マルチタスク画面・Dockも一新か

マルチタスク画面では、現在は重なるようにアプリ画面が表示されます。iPhone 8では画面は重ならず、横に並んだ形で表示される、とBloombergは説明しています。iPad版iOS 11も、アプリ画面が重ならずに並ぶ形になっています。

また、ホームバーの上にはDockが表示されます。現在のようにエリア全体を覆う形ではなく、iPad版iOS 11で使われているDockに近いデザインになるようです。


画像:AppleInsider

このiPhone 8のDockをシュミレートした動画を@_insideが公開しています。

ロックボタン大型化の理由

iPhone 8では、片手で押しやすいようにするため、ロック(電源)ボタンを縦に長くするようです。

iPhone 8のサイズはiPhone 7と大きく変わらないと噂されているので、iPhone 7とほぼ同サイズのiPhone 7sでも同様の変更があるかもしれません。


ロックボタンが大型化することについて、指紋を読み取るTouch IDセンサーを内蔵するためではないか、という噂もありました。しかし、この点についてBloombergは言及していないことから、そのような機能は確認できていないようです。

画面上部の出っ張りは隠さず

iPhone 8はFaceTimeカメラ・受話口などが画面に出っ張る形になるようですが、Appleはそれを同色のステータスバーで隠したり、画面に馴染ませたりする手法は取らないようです。

この出っ張りによってiPhone 8のステータスバーは2分割されますが、左側に時刻、右側に4G・Wi-Fiの電波レベルやバッテリー残量を表示する、とBloombergは報じています。

これらを表示すると空きスペースがほとんどないと考えられるので、Bluetooth・アラーム・位置情報などのアイコンをどのように表示するのかが気になります。

iPhone 7s/7s Plusはホームボタンを搭載か

Bloombergによれば、前述の「ホームボタン廃止」は3機種のうち最上位機種で行われ、残る2機種に変化はないようです。

Bloombergの「最上位機種」とはおそらくiPhone 8で、残る2機種はiPhone 7sとiPhone 7s Plusだと考えられます。この2機種はホームボタンを引き続き搭載するようです。

参考

How Apple Plans to Change the Way You Use the Next iPhone - Bloomberg@_inside - Twitter@stroughtonsmith - Twitter