「彼とずっとラブラブでいたい」そのために必要なことはたった2つだった!

写真拡大

「彼とずっとラブラブでいたいと思っています。どうすればずっとラブラブでいられるのでしょうか?」

“彼に長く愛される女性”がやっている4つのこと

こんな気持ちを持って彼と接している女性は多いのではないでしょうか? しかし、どんなことをすればずっとラブラブでいられるのか、具体的な部分はよくわからないもの……。

今回は、この疑問にお答えします!

結婚に対するお互いの考え方は?

カップルって、なんらかのゴールをお互いに共有しないと、簡単にダメになります。たとえば10年ラブラブでつきあった二人が別れるのはなぜか?

たいてい「彼が結婚してくれなかったから」と、彼女が言います。

今、結婚を意識している人もいれば、単純に彼氏がいれば安心だからという理由だけで、結婚のことを意識せずつきあっている人もいると思います。

でも長く彼とラブラブでいたいのであれば、やっぱり結婚についてふたりで話し合うべきです。

無論、彼が「今すぐ結婚したくない」と言っても、べつにかまわないのです。

今すぐ結婚資金が用意できない男子はたいてい強がって、「今すぐ結婚したくない」と言います。それはそれでいいのです。

そういう即物的なことではなく、「ふたりでゴールとして、ちゃんと結婚を意識しているかどうか」というのが、まず、長くラブラブでいる秘訣です。

一緒に変化できる関係になれている?

結婚した人の離婚の理由でもっとも多いのは、みなさんがよくご存じの「性格の不一致」です。非常に守備範囲の広い言い方です。

これをもっと具体的に言うとどうなるのか?

たとえば「相手の親族とうまくつきあえない」とか、「家事の負担が重たすぎる」とか、こういうことになるそうです。

つまり、結婚前は「相手の親族とも、わたしはきっとうまくやってける」と思っていたのでしょう。それが実際に結婚生活をするなかで、「わたしには無理かも」と「学習した」ということでしょう。

人って、時の流れとともになんらかを学びます。学びとは「自分が変化すること」です。

お勉強の本質って「目から鱗」なので、学びとは、学んだ人の人格さえも変えることがある、ということです。

彼もあなたも、時の流れのなかで、なんらか学びます。そして「人が変わります」。この「人が変わってしまった彼」を、それでも愛せるかどうか? というのが、結婚生活に限らず、カップルが長持ちする秘訣です。

一緒に変化を楽しめるカップルって、あまり余計なことを考えていなかったりします。

「あなたはあの時、こう言ったでしょ?」と、彼に詰め寄らない、ということです。たしかに彼はあの時「こう言った」。けれど、人は時の流れのなかで、なんらかを学び、それによって自分というものが変化したわけですから、その変化を素直に受け止めてあげるといいのです。

あなたが受け止めるだけでなく、彼も彼で、あなたの変化を受け止めなければならない。このへんのことはもう覚悟というか、腹が座っている人が圧倒的に有利です。

変化を嫌う代表格として、よく「霞が関の官僚」が挙げられます。「前例のないことはやりません」「予算は前年度とおなじです」という世界です。大企業も似たようなものですよね。

でも人の本質は、「つねになにかを学び、変化すること」にあります。だから長年大企業に勤めていると、変化を嫌う人格になって、周囲の人から煙たがられるのです。

変化するというのは、非常にアナログな人間くさいことです。そういうのを、カップルでお互いに認め合えるところに、長くラブラブでいられる秘訣があります。

(ライター/ひとみしょう)