錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

フェデラー70億円超えの12年連続1位、錦織は「BIG4 」に食い込み3位…フォーブス発表

 今季最後のグランドスラム、全米オープンが幕を開け、熱戦が繰り広げられているテニス界。米経済誌「フォーブス」は2017年の“テニス長者番付”を掲載し、ロジャー・フェデラー(スイス)が圧巻の総収入6400万ドル(約70億4640万円)で12年連続1位。一方、錦織圭(日清食品)はツアー未勝利ながら3位の3390万ドル(約37億3239万円)。「BIG4」に食い込み、同誌も「トップ5で異色なのはケイ・ニシコリである」と言及している。

 記事では「全米オープンでは多くのスター選手が欠場している」とし、アンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、錦織圭(日清食品)ら世界ランクトップ11のうち5選手が棄権したことを記述。しかし、テニス界屈指の大物であるフェデラーが今年3度目のグランドスラム制覇を狙っていることを挙げ、驚異の収入額を紹介した。

 2016年から2017年7月までフェデラーの総収入は6400万ドル(約70億4640万円)あり、12年連続でテニス界最高額をマーク。さらに通算賞金は1億800万ドル(約118億8000万円)。「しかし、試合以外の収入やスポンサー契約に比べると、見劣りする。彼は最近、食品会社のバリラと契約を結んだ。この契約は5年以上続き、約4000万ドル(約44億円)の収入が予測されている」と述べられている。

ツアー未勝利も3位の錦織「トップ5としての地位はスポンサー契約獲得に役立っている」

 さらに、フェデラーのほか、ラファエル・ナダル(スペイン)、ジョコビッチ、マレーの「BIG4」がトップ5にランクインしているとしながら、続いて「異色」として名前が挙がったのは錦織だ。

「トップ5で異色なのはケイ・ニシコリである。大規模大会での成績は乏しいが、錦織は3390万ドル(約37億3239万円)を稼いでおり、3位に位置している」

 錦織は世界ランク10位で、今年ツアー未勝利。それでも「トップ5選手としての錦織の地位はスポンサー契約獲得に役立っている」とし、「錦織のファンは錦織圭限定モデルのジャガーを運転したり、日本航空の特別塗装機に登場することができる。錦織は2020年に東京で開催されるオリンピックの顔となるだろう」と分析している。

 そのほか、女子ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)では女子では最上位となる6位にランクイン。10位のビーナス・ウィリアムズ(米国)とともに姉妹でトップ10入りしている。

「フォーブス」が掲載した2017年の“長者番付”トップ10は以下の通り。

トップ5が30億円超え、女子は3人ランクイン…“長者番付”トップ10は?

1位 ロジャー・フェデラー

総収入=6400万ドル(約70億4640万円)
賞金額=600万ドル (約6億6060万円)

2位 ノバク・ジョコビッチ

総収入=3760万ドル(約41億3976万円)
賞金額=960万ドル(約10億5606万円)

3位 錦織圭

総収入=3390万ドル(約37億3239万円)
賞金額=390万ドル(約4億2939万円)

4位 ラファエル・ナダル

総収入=3150万ドル(約34億6815万円)
賞金額=550万ドル(約6億555万円)

5位 アンディ・マレー

総収入=2880万ドル(約31億7088万円)
賞金額=1480万ドル(約16億2948万円)

6位 セリーナ・ウィリアムズ

総収入=2700万ドル(約29億7270万円)
賞金額=800万ドル(約8億8080万円)

7位 スタン・ワウリンカ

総収入=1920万ドル(約21億1139万円)
賞金額=720万ドル(約7億9272万円)

8位 アンゲリク・ケルバー

総収入=1260万ドル(約13億8726万円)
賞金額=760万ドル(約8億3676万円)

9位 ミロシュ・ラオニッチ

総収入=1180万ドル(約12億9918万円)
賞金額=480万ドル(約5億2848万円)

10位 ビーナス・ウィリアムズ

総収入=1050万ドル(約11億5605万円)
賞金額=350万ドル(約3億8535万円)