英語リスニング「空耳アワー」を脱却する

写真拡大

■いつまでたっても「空耳アワー」で困っている

TVの深夜番組「タモリ倶楽部」に、「空耳アワー」という人気コーナーがある。洋楽を聞いて、面白い日本語に聞こえたフレーズを視聴者が投稿するものだ。その内容を聞いて、笑い転げたことのある読者も多いだろう。しかし、「英語が英語に聞こえない」という日本人の“笑えない”弱点を、見事に逆手に取った企画だともいえる。

脳科学を長年研究してきた元帝京平成大学教授の後藤秀機さんは「日本人は、脳のウェルニッケ野(※)に“日本語の辞書”ができていて、英語を聞いても、それに近い日本語と勘違いしてしまうんです。空耳アワー脱却には、そこに“英語の辞書”を追加する必要があります」という。そのためには「英語を音読すること。自分の声は、体内の骨伝導で精密に脳に伝わるので、耳で英語を聞くよりも断然効果的です」と勧める。

(※)単語などの意味を蓄積する感覚性言語中枢

英会話講師のニック・ウィリアムソンさんは「その際に英語は、正しい発音で読まなければなりません。そうしないと、英語を聞き取る能力も上がらないからです」と釘をさす。「アルファベットの正しい発音、フォニックス(文字読みのルール)、『give up』を『ゲバップ』のように単語をつなげて発音する、などの学習が欠かせません」と児童英語研究所社長の船津洋さんはいう。

また、船津さんは多読も勧める。

「夏目漱石は、辞書を引かずに英文をひたすら読むことを奨励しており、私も中学生向けの集中講座では1日2万語を音読させます。それも正しい発音で。それだけで英語が苦手な生徒も、英検3級の長文読解の問題の7〜8割は取りますし、発音もよくなります」

■黙って聞くよりも音読の継続が効果的って本当?

英語の勉強は「継続は力なり」であるとわかっていても、多忙なビジネスマンは時間の確保が難しい。勉強は、毎日短時間でも行うべきか、休日に集中して行うべきか、気になるところ。結論からいえば、「毎日コツコツ勉強したほうが効果的」のようだ。

自然科学研究機構生理学研究所教授の柿木隆介さんは「毎日繰り返し勉強すれば、長期記憶として脳に定着しやすいからです」と話す。そこで船津さんは「会社帰りの電車で、スマートフォンの英字ニュースを読む。家ではテキストを音読する。それだけで毎日30〜40分の勉強になります」と助言する。

重要なのは「音読」で、その理由について後藤さんが説明する。

「記憶には、暗記した年号のような意味記憶(1)、旅の思い出のようなエピソード記憶(2)、自転車の乗り方のような運動学習の記憶(3)の3種類がありますが、体で覚えた(3)が最も強い記憶です。音読すれば、発声で口の筋肉や舌、歯も使い、(3)の記憶になります」

後藤さんは「まず正確な音読で発音力をつけると、リスニング力も高まります」という。

■シャワーのように英語を浴びればOKなのか?

「聞き流すだけで、英語が身につく」という謳い文句のリスニング教材が世のなかに出回っている。新聞やテレビでの宣伝を見聞きした人も多いだろう。

しかし、英語の達人たちの間では、「初心者にはあまり役に立たないのでは」という見解が支配的なようである。

自然科学研究機構生理学研究所教授の柿木隆介さんは「日本語の意味はこうだと教えても、そう簡単には頭には入りません」という元帝京平成大学教授の後藤秀機さんは、「知らない言葉を聞いた場合、ウェルニッケ野の“辞書”に載っていないので、脳は言葉とは認識しません。結局、単語力とリスニング力はお互いに強く助け合う関係にあるのです。ただ聞くだけではリスニングの力はなかなか育ちません」と説明する。

英文テキストを読みながらのリスニングもハードルが高い。ジーエルアカデミア代表取締役の塚本亮さんは、「読むほうに神経がいってしまい、会話が雑音に聞こえてしまうかもしれません」と難色を示す。英会話講師のニック・ウィリアムソンさんは「洋画を使う手もありますが、最初は日本語字幕付きのほうが、入っていきやすいです」とアドバイスする。

■英語の聞き分けは何歳になってもできるのか?

人間のなかで最も耳がいいのは赤ちゃん。したがって、生まれたばかりのときが、英語のリスニングには最適のようである。ところが残念なことに、赤ちゃんのリスニング能力は、成長とともに急低下してしまうという。

柿木さんは「生後半年ほどで、一番聞き慣れた言語だけをうまく聞き分けられるように、脳がチューニングされてしまいます」と説明する。さらに、後藤さんは「小学校入学前には脳の省エネのため、使わない神経回路がどんどん消えます。これを『臨界期』と呼んでいて、それ以降に新しい言語をマスターするには、それなりの工夫が必要です」と話す。

しかし、諦めることはない。船津さんは次のようにエールを送る。

「日本人の赤ちゃんは、確かに生後11カ月程度で、英語の音を聞き分けなくなります。しかし、日本語を効率よく身につけるため、不要な英語の聞き分けを“やめただけ”なんですね。60代、70代の人でも、繰り返し発音の練習をすれば、英語の聞き分けができるようになっています」

----------

塚本 亮
ジーエルアカデミア代表取締役。偏差値30台から独自の勉強法で同志社大学に入学。卒業後ケンブリッジで心理学を学ぶ。帰国後、心理学の知見と自身の経験を活かした英会話学校のジーエルアカデミアを設立。
 
船津 洋
児童英語研究所社長。1965年生まれ。米国カンザス州の大学で学んだ後、右脳教育の第一人者の七田眞氏に師事し、児童英語研究所に入社。著書に『子どもの「英語脳」の育て方』などがある。
 
後藤秀機
元帝京平成大学教授。1943年、東京生まれ。神経生理学者、医学博士。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院修了。著書に『先端脳科学者による1ヵ月かんたん英会話脳トレ』がある。
 
柿木隆介
自然科学研究機構生理学研究所教授。1978年、九州大学医学部卒業。ロンドン大学医学部研究員などを経て、2004年より現職。専門は神経科学。著書に『記憶力の脳科学』『どうでもいいことで悩まない技術』などがある。
 
ニック・ウィリアムソン
カリスマ英会話講師。シドニー大学で神経心理学を専攻。卒業後、東京学芸大学に研究生として来日。TVの司会も務める。著書に『中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本』などがある。
 

----------

(ジャーナリスト 野澤 正毅 撮影=加々美義人、熊谷武二)