画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●販売所と取引所の違い

「仮想通貨投資で資産が何倍にも何十倍にもなった」という噂を聞きつけて、早速取引所の口座を開設した。日本円を入金してビットコインを購入し、「これで私も仮想通貨投資家の仲間入りだ」と誇らしげになっている所恐縮だが、取引所の画面に表示される数字や言葉の意味、ひいては取引に必要な金融知識を正しく理解できているだろうか。

そこで、仮想通貨投資に興味がある読者に向け、投資家同士で会話するときに恥をかかないためにも、知っておきたい仮想通貨投資に関する"3つの金融知識"を書き留めておく。

■ 今回取り上げる金融知識

(1) 販売所と取引所の違い

(2) 「板」と「価格」の見方・読み方

(3) Taker/Makerと成行/指値の関係

○(1) 販売所と取引所の違い:取引の相手方が異なる点に注目

まずは販売所と取引所の違いから。どちらも仮想通貨を売買する所に違いはない。販売所で売買する場合は「その販売所を運営する企業」が取引の相手方になり、取引所で売買する場合する場合は「自分と同じように売買したい人」が取引の相手方になるという違いがある。

加えて販売所では、売買したい数量分だけ確実にそこに表示されているレート(価格)で取引できる。取引所では、売買したい人が出しているレート(価格)ごとの数量分しか取引できない。運営企業の目線に立つと、販売所では客の注文数量を確実に捌かなければならないので、コストをかけてでも仮想通貨を調達しなければならない。

したがって販売所の方が取引所よりも高いレート(価格)を提示し、企業によっては手数料を上乗せして販売している。販売所で売却するときはその逆で取引所よりも低いレート(価格)が提示される。

ちなみに証券会社では、取引の相手方が証券会社になる場合は、店頭取引やOTC(Over The Counterの略)取引といい、取引所で取引をする場合は取引所取引といい区別している。

●板と価格の見方・読み方

○(2) 「板」と「価格」の見方・読み方:売り買いの強弱と成行で売買できる量がわかる

次は取引画面を見る上で必須になる「板」や「価格」に注目しよう。

まず「板」とはレート(価格)ごとの買い注文と売り注文の数量が並んでいる情報のカタマリのことをいう。板を見れば売買できる仮想通貨の数量や数量に対する価格が計算できる。現在注文が出ているすべての板を表示すれば、おおまかな売り買いの強弱が予測できる。

また、取引所によっては「気配(けはい)」という言葉を見かける。「売り気配」「買い気配」という風に使うが、その時点で出されている注文で一番安い売り注文と一番高い買い注文であると理解しておけば充分である。

価格に関連して「現在値(げんざいね)」についても触れておく。現在値は最新の値段であることに間違いはないのだが、それだけでは足りない。「最後に約定したときの価格」と理解しておくのと、今保有している仮想通貨の残高は現在値を使って計算されていることを知っておこう。

●Taker/Makerと成行/指値の関係

○Taker/Makerと成行/指値の関係:Taker=成行・Maker=指値ではない

国内の取引所ではキャンペーンも含めて取引手数料が無料のところが多くなってきている。手数料を設定している取引所ではTakerとMakerという2つの手数料体系を取っていることがある。そもそもMakerとTakerが何を表しているのか理解できているだろうか。

Maker(メイカー):板に表示できる指値注文を出して板を厚くし取引を促す

Taker(テイカー):板に表示されている注文を消費する

Makerになるのは、現在値よりも高い価格で売り注文を出すか、低い価格で買い注文を出したとき。この場合は、注文はすぐに約定せずに板に表示されるので、相手方からの注文を促すことができる。取引を作っているので、Makerと覚えておけばよい。

Takerはその逆で板に表示されている注文を消費したときなので、成行注文を出した場合がまず対象となる。加えて、現在値よりも高い価格で買い指値注文を出した場合または、安い価格で売り指値注文を出した場合に、「その価格までの間に並んでいる数量分」はすぐに約定し消費されてしまうのでTakerとなる。したがって成行注文を出すとTaker、指値注文の場合はMakerになるというのは間違いである。ここで解説した取引の仕組みは、Taker、Makerの手数料計算に使うというよりも、今自分が入力した指値注文がどこまですぐに約定し、どこまでが板に乗るのかを見定めるのに役立つ。

*  *  *

仮想通貨取引の脱初心者を目指すにはここで紹介したような取引に関する知識に加え、チャートの見方やリスクコントロールの仕方などを覚えることも必要だ。机の上で、う〜んと考えながら本記事を読むとすぐに忘れてしまうかもしれない。実際の取引をする場合に、取引画面と並べて言葉の意味を確認しながら読んでもらえれば幸いである。