片思いの彼と進展がないとなると、焦ったり、あきらめたり……いろんなネガティブな言動に出ちゃう女子もいるでしょう。でもそこで“オトナな”言動をとることで、恋が成就することもあります。今回は片思いの彼と進展がないときに、あなたがやるべきことについて一緒に考えていきましょう。



1. 自分が得するように動いてみよう


結果がどうであれ、上手に片思いしている人は自分が得するように動いています。上手な片思いとは、簡単にいえばウジウジ悩んでいないということです。そういう人は、たとえば1カ月も2カ月も、彼を遠くからチラ見なんてしません。数回彼をちらっと見たら、たとえば友達を介して彼と話ができる状況を作ったりします。チラ見をしてモンモンとなるより、そのほうが絶対に得だからです。

二択で考えてみて
まずは、何をすれば自分が得をするのかを考えてみることです。考えるときは、常に二択で考えることです。たとえば「私は彼と話ができた方が得なのか、話をしない方が得なのか」と考えてみる。話をした方が得だと思えば、「昼休みに休憩室に彼を追いかけて行くべきか否か」を考える。追いかけるのであれば、「一人で追いかけるのか、誰か友達を誘って追いかけるのか」を考える……という風に。

2.彼のメリットは何かを考えてみて!


片思いの彼に「好きという気持ちを伝えなくっちゃ!」と思えば思うほど、あなたの心はカタくなって、恋に進展が見られなくなるということってあります。そういうときは、自分の恋心についてではなく、彼のことを考えるのです。彼がメリットに感じることはなんなのか? を考えてみるのです。

この方法のコツは?
相手にとってメリットのある情報を持っていれば、それを相手に伝えてあげると喜ばれますよね? 彼のことが好きすぎて心がカタくなっているときは、彼にとって利となる情報やものを用意することです。用意できれば、あとはそれを彼に差し出すタイミングを考えるといいのです。相手にメリットあるもの(こと)を渡すタイミングって、告白するタイミングを探すよりすごく簡単なはずです。



3. まずは友達から……という選択肢も!


片思いがいつまでも進展しない女子に多いのが、「まずはお友達から」というスタンスがとれていないことです。片思いが上手な女子は、まず友達から……と考えて、しれっと彼の懐に入っていきます。

男友達の作り方
「まずはお友達から」とわかっていても、男友達を上手く作るスキルを持っていない女子もいるでしょう。そういう人は、同性の友達を作るのと同じ要領で異性の友達を作るといいと知っておきましょう。

同性の友達はどうやって作るのか? まずは挨拶することですよね! 挨拶さえすれば、あとは自動的に仲良くなれる相手と、そうはならない相手とに分かれてきます。ごく簡単に言ってしまえば、こういうことだろうと思います。

4. 一緒に遊ぶ機会を増やそう


片思いの彼と、たとえば会社などで頻繁に会える場合は、彼と一緒に遊び機会を増やしましょう。たとえば、仕事終わりに一緒に食事やカラオケ、ボーリングに行くなど。

深刻に考えるから重たくなる
好きすぎると、どういうわけか私たちの心から“遊び”が消えていきます。遊びが消えてしまうと「告白するかしないか」「付き合えるか、付き合えないか」という、究極の二択を前に、茫然とするしかなくなります。
まずは遊ぶことです。彼と一緒に遊んで、楽しいことをいっぱいしているうちに、お互いの心が軽くなって、ノリで付き合えるようになるのです。真剣に片思いをするのはいいことですが、深刻になってしまうと恋愛の神様は重たく感じてしまって、微笑んでくれないんですね……不思議と。



片思いが進展していないと、どうしても自分のことを責めてしまうこともあると思います。もっと積極的な性格になれれば恋が上手くいくのに、どうして私は子どもの頃から内気な性格なんだろう……と。

そういうときこそ深呼吸して、自分以外のことを考えてみるのです。たとえば彼がメリットに感じる情報について、たとえば遊ぶということの本質について。自分のことを考えるから、どこにも行けなくなる。だからこそ、自分ではない他のことを考えると、無限にいろんな発想が出てきますよ!
(ひとみしょう/studio woofoo)