Insta 360 ONE

写真拡大

iPhoneに装着して360度全周を撮影する4Kカメラ「Insta 360 ONE」が2017年8月28日、中国のInsta360から世界同時に発売された。同社の国内代理店を務めるハコスコ(東京都渋谷区)やInsta360の公式サイト、アマゾンなどで購入できる。

編集機能「FreeCapture」が特徴

「Insta 360 ONE」は、本体の両面にレンズを装着するカメラで、360度全方位をカバーした写真やビデオを撮影できる。撮影解像度は、写真が2400万画素(6912×3456ピクセル)で、ビデオが4K(3840×1920ピクセル:30fps、2560×1280ピクセル:60fps)。単独でも手持ちで使えるが、Bluetoothと連携させスマホで操作できるうえ、スマホの充電端子に接続して使用できる。

「Insta360 ONE」の最大の特徴は、編集機能「FreeCapture」だ。撮影時に360度の動画を撮影しておけば、終了後に視野角を固定した1080p解像度のビデオを簡単に作成できる。スマホでこうして編集できる技術は、これまでなかったという。内蔵のジャイロスコープによる6軸の手ブレ補正機能が搭載されており、ドローンにぶら下げたり、ヘルメットに取り付けたりしても、安定したビデオを撮影できるという。

サイズは、幅96ミリ、奥行き36.5ミリ、高さ25ミリ。価格は、4万2999円(税込)。対応OSはiOS 9.0以上で、Android対応版は現在開発中。発送は9月5日に開始される予定だ。