ジョニー・デップまた不動産売却、牧場も手放す

写真拡大

ジョニー・デップ所有の乗馬用牧場が、290万ドル(約3億2000万円)でオークションへ出品された。

ジョニーが米ケンタッキー州に所有する同牧場は、昨年12月時点では340万ドル(約3億7000万円)で売却予定だったが、今年3月に50万ドル(約5500万円)まで値を下げても買い手がつかず、このたび競売へかけられることとなった。専門家によるとこの牧場の資産価値は230万ドル(約2億5000万円)にものぼるという。

レキシントン・ヘラルド・リーダー紙によると、ジョニーによって最低競売価格は設定されているものの、金額は公表されていない。12月の時点で3件のオファーがあったとも言われているが、どれも交渉成立とはならなかったようだ。

牧場には2つの納屋と15の馬屋、その他に7つの寝室と4つのガレージを有する客人用の別棟があり、サンルームやプールなどの設備も充実している。同物件は9月15日にオークションに出品される予定だ。

ジョニーは1週間前にも182万ドル(約2億円)でロサンゼルスのペントハウスを、また昨年には1278万ドル(約14億円)で別のペントハウスを売却している。現在彼が所持するペントハウスはロサンゼルスにある1軒のみとなったが、その物件についても今後売却する方向にあり、売却価格は最低でも179万ドル(約2億円)になるのではないかとみられている。

ジョニーは昨年のアンバー・ハードとの破局後、次々と所有物件を売却しており、昨年の10月、11月にも2軒の邸宅を売却。購入時550万ドル(約6億円)だった物件も売却時にはそれぞれ254万ドル(約2億8000万円)、309万ドル(約3億4000万円)まで値を下げたとされている。