あのフメルスが代表チームから注意…理由は「SNS」

写真拡大

ドイツ代表として、ワールドカップ予選に挑むマッツ・フメルス。

紳士的かつインテリジェンスの高い選手として知られているが、このほどSNSに投稿した映像が問題になっている。

Sieht spektakulärer aus als es eigentlich ist / looks more spectacular than it actually is 😜 #donottrythisathome @goodcama
Mats Hummels - Bruder von JH17さん(@aussenrist15)がシェアした投稿 -

こちらは、フメルスが22日(火)にInstagramにアップした映像。

ブレーメン戦に勝利したフメルスはクロアチアを訪れ、宿泊先と思われるプールで高い位置から飛び込みをしていたのだ。

しかし、この行動を問題視したのがドイツ代表チームだ。

『Sport360°』などによれば、チームは代表戦を控えている状況の選手がこうした危険な行為に出たことを好意的に思っておらず、フメルスに注意したという。

ドイツ代表のチームマネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフはこう話している。

オリヴァー・ビアホフ(ドイツ代表 マネージャー)

「もしも彼が頭から飛び込んでいたら、より悪かった。

我々はソーシャルメディア上の警察ではない。しかし、彼がロールモデルになるべき存在であることを指摘する。

マッツは実際とても思慮深い選手であり、私はこの件についてこれ以上触れたくない」