豪州戦はスキンヘッドに注意!小野の元相棒、ムーイが今キテる

写真拡大 (全4枚)

31日に迎えるオーストラリア代表との試合は、ハリルジャパンにとって非常に大きな意味を持つ90分だ。

サウジアラビアがUAEに屈したためここで負けても致命的ではない状況ではあるが、ホームでの試合でワールドカップ出場を決められる最後のチャンスだ。

なんとしても勝ち点3を獲得したい日本代表の前に立ちはだかるのは、この数年アジア地域で激しいライバルとなってきたオーストラリアだ。

かつてはハリ-・キューウェルやブレット・エマートンなど「黄金世代」をベースにして、ロングボールとフィジカル重視の攻撃で鳴らしてきた。

しかしアンジュ・ポステコグルー代表監督の就任以降は若い選手を積極的に起用し、Aリーグで採用されたパスサッカーをベースに試合を作っている。

「アンジュ・チルドレン」ともいえる現在のチームは、非常に才能豊かである。Aリーグ、そしてその下部組織の文化で育まれたタレントと言ってもいいだろう。

その中で、今チームを支えている存在なのがMFアーロン・ムーイだ。

1990年生まれのムーイは今年26歳。来月27歳になる司令塔であり、オーストラリアの組み立てはすべて彼を経由すると言っても過言ではない。

16歳でイングランドに渡り、ボルトン・ワンダラーズの下部組織で育成された後、スコットランドのセント・ミレンでプレー。

2012年には創設されたばかりのウェスタンシドニー・ワンダラーズと契約し、トニー・ポポヴィッチ監督の下でボランチとして台頭した。

その時トップ下を務めていたのが小野伸二(現コンサドーレ札幌)であり、この縦関係はウェスタンシドニーの生命線といえるラインであった。

そして2014年には、ウェスタンシドニーとの契約が満了となるとともに、メルボルン・シティへの加入を発表。

1年目に7得点8アシスト、2年目には11得点20アシストというとんでもない記録を成し遂げることに成功。Aリーグ最高の選手として高く評価されることになった。

彼を引き抜いたのが、メルボルン・シティを傘下に持っているマンチェスター・シティだ。

2016年にムーイは再びイングランドへと渡り、ハダーズフィールド・タウンに期限付き移籍。プレミアリーグ昇格に貢献し、今季は3試合で1ゴール。ニューカッスル戦で決めた得点は、なんと14本ものパスを繋いだものだった。

自身で突破するタイプの選手ではないが、ウェスタンシドニー時代から最大の武器であったミドルパスの精度は抜群である。

中盤でのキープから味方を動かしつつ、時にはコースを狙った鋭いシュートでゴールを脅かしてくる。

確かにコンフェデでとんでもないゴールを決めたトム・ロギッチは怖い!サイドを支配しにかかってくるマシュー・レッキーは怖い!途中から出てくるティム・ケイヒルも…。

しかし、それをすべて操っているのはこのアーロン・ムーイなのだ。彼を止めることが最大のミッションであると言っても過言ではない。

ただ、彼はそこまで身体的な能力が高くはないので、激しいプレッシャーを受けながら実力をすべて発揮できるタイプというわけではない。

しっかり下がっていく彼を警戒することができれば、ムーイのプレーを無為にできる…。ということである。

日本代表が注意すべきはこのムーイだ。彼からのパスを遮断すれば、オーストラリアの攻撃力は一気に減少する。プレミアリーグでも評価を高めつつある彼を、おそらくハリルホジッチも注目しているはずだ。