ブラジルW杯出場を決めるPKを決めた本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

アウェイでのW杯予選

 ドイツW杯での悪夢の逆転負け、アジアカップ決勝など日本とオーストラリアは多くの白熱した試合を演じてきた。ブラジルW杯に向けたアジア最終予選と同様に、今回も同組に入ったアジアのサッカーをけん引する2か国。ロシアW杯出場を争う大一番を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

----------

2014ブラジルW杯アジア最終予選(2012年6月12日)

【試合結果】
オーストラリア1-1 日本

【得点者】
栗原勇蔵(65分)
ルーク・ウィルクシャー(70分)

 2012年に始まったブラジルW杯への出場権をかけたアジア最終予選。日本はオマーン、ヨルダン、オーストラリア、イラクと同組に。ホームでのオマーン、ヨルダン2連戦を連勝し、好スタートを切った日本はアウェイでのオーストラリアに挑んだ。

 55分にマーク・ミリガンが退場すると、その10分後に日本に先制点が生まれる。右CKを本田が長谷部誠へとショートコーナー。リターンを受けた本田はゴールライン際を突破するとグラウンダーでPA内へ。ファーサイドで待っていた栗原がしっかりと決めた。

 先制点を奪い、オーストラリアも1人少なくなっただけに、アウェイとはいえ勝ち点3を取りたい日本ではあったが、70分に追いつかれる。オーストラリアのCKのさいに、PA内で内田篤人が相手選手をホールディングしたとしてPKを与えてしまった。試合は1-1の引き分けに終わった。

ブラジルW杯行きを決めた一戦

2014ブラジルW杯アジア最終予選(2013年6月4日)

【試合結果】
日本1-1 オーストラリア

【得点者】
トミー・オアー(81分)
本田圭佑(90分)

 前節のアウェイでのヨルダン戦で敗れたものの、このホームでの試合を引き分け以上でブラジルW杯出場が決まるという一戦であった。

 ザッケローニ監督は試合を動かすべく、1トップの前田遼一に代え栗原勇蔵を投入し、今野泰幸を左SB、長友佑都を一列上げるという采配を見せる。しかし、先に先制したのはオーストラリア。左サイドからトミー・オアーが上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。

 日本は追いつくべくハーフナー・マイク、清武弘嗣を投入。すると本田圭佑が上げたクロスに対し、マシュー・マッケイがハンドをしてしまう。このPKを本田がセットすると、スタジアムからは大歓声に包まれた。控え選手も座って見つめる中、本田はど真ん中に蹴りこんだ。この試合を引き分けに持ち込んだ日本は、5大会連続のW杯出場を決めた。

大迫らが代表初ゴール。東アジアカップの一戦

東アジアカップ2013(2013年7月25日)

【試合結果】
日本 3-2 オーストラリア

【得点者】
齋藤学(25分)
大迫勇也(55分)
ミッチェル・デューク(75分)
トミ・ユリッチ(78分)
大迫勇也(79分)

 ブラジルW杯出場を決めた日本代表はコンフェデレーションズカップを戦い、まだ獲得をしたことがなかった東アジアカップに挑んだ。この大会の開催時期は国際Aマッチデーになっておらず、海外組の招集は不可能であったため、Jリーグでプレーする選手が中心となっており、新戦力の発掘にも期待が集まった。

 スターティングイレブン全員を入れ替えた日本は初戦の中国戦同様オーストラリアと打ち合いを演じる。25分、55分にそれぞれ齋藤学、大迫勇也がゴールを奪いリードしたものの、75分から4分間で同点に追いつかれた。しかし、大迫が今日2得点目を挙げて勝利を収めた。

 日本は最終戦となる韓国戦でアディショナルタイムに柿谷曜一朗のゴールで勝利し、東アジアカップを優勝。アルベルト・ザッケローニ監督にとってはアジアカップに続くタイトル獲得となった。

アギーレジャパン時代の親善試合

キリンチャレンジカップ2014(2014年11月18日)

【試合結果】
日本 2-1 オーストラリア

【得点者】
今野泰幸(61分)
岡崎慎司(68分)
ティム・ケーヒル(92分)

 期待が高かったブラジルW杯では1分2敗に終わり、ハビエル・アギーレ監督が新たに就任。新たなスタートを切った日本代表は11月に行われたキリンチャレンジカップでオーストラリアと対戦した。

 武藤嘉紀や太田宏介などの新戦力がスタメンに名を連ね、システムも4-3-3で挑んだこの試合は61分に今野泰幸、68分に岡崎慎司がゴールを決めて2-1と勝利。2014年の日本代表最終戦を勝利で飾り、翌年1月から始まるアジアカップへと弾みをつけた。

ロシアW杯アジア最終予選の前回対戦

2018ロシアW杯アジア最終予選(2016年10月11日)

【試合結果】
オーストラリア 1-1 日本

【得点者】
原口元気(5分)
ミル・ジェディナク(52分)

 敵地に乗り込み、勝利を目指したハリルジャパン。試合の入りは最高だった。

 立ち上がりの5分、原口元気のパスカットからカウンターを発動。長谷部誠の縦パスを受けた本田圭佑が抜群のタイミングでスルーパスを送る。これに走り込んだ原口がGKとの一対一を制し、日本に先制点をもたらした。原口にとってはこれがW杯アジア最終予選での3試合連続ゴールとなった。

 守備の重きを置いた戦いで相手の攻撃をけん制。1トップの本田は最前線で身体を張り、香川真司も質の高い動きで相手のパスコースを封じるなど、チーム全体が集中力を発揮している。

 しかし、後半立ち上がりに右サイドを破られるとPKを与えてしまい、結局1-1の引き分けに終わった。アウェイでの勝ち点1は悪い結果ではないが、勝ち点2を取りこぼした試合とも言えた。

text by 編集部