熊谷市のゆるキャラ「ニャオざね」(ラガーニャン)とポーズをとる木村翔

写真拡大

 WBO世界フライ級王者・木村翔(青木)が出身地の埼玉・熊谷市役所で「オリンピック競技大会等特別表彰」を受けた。

 受賞は競泳の古賀淳也らに続き8例目で「こういう場を設けてもらって感謝している」と笑顔を見せた。

 初防衛戦は未定だが、27日に熊本でWBOミニマム級王者・福原辰弥(本田F)が初防衛に失敗した試合を観戦。「防衛の難しさを感じた」と語り、「一日でも長く王者でいたい。できれば地元で防衛戦もやりたい」と意欲を口にした。