タイトルで言いたいことは終わりです。以下駄文。というのも、私も多少なりとも体育会系を経験し、またプロスポーツのデータ担当という仕事をやっていると、「成果を出すために何をするべきか」考えるべきマネージャーが、往々にして「自分の思い通りにならない現実」は「部下がやるべきことをやらなかった怠慢が理由」と容易に断定してしまうリスクを目にすることがあるからなんですよね。さすがにプロスポーツの世界ではいわゆる精神論、根性論というのが少しずつなくなってきましたが、やはり結果が出ない選手は落ち込むし、負けが込むと「誰が悪いのか」という話になりやすいのはどの組織でも同じです。

 データを使って選手を把握しよう、モチベーションを管理して良いコンディションで能力を出してもらおうというコンセンサスができているため、10年前に比べて変な事故は減りました。でも、一方アマチュアスポーツの世界や地方の企業や自治体などの組織を見ると、いまでも「結果が出ないのは頑張りが足りなかったからだ」という理屈で、風通しが物置の中状態になっているケースはたくさんあります。

良い努力信仰とは何か?


©iStock.com

 先日も、高校の野球部で試合に負けた腹いせに監督やコーチが高校球児に対して100メートルダッシュ100本を強いて倒れた子を出してしまい、再発の防止に努めるという報道がありました。100メートルダッシュを繰り返して野球の試合に勝てるならプロ選手はみんなスプリンターみたいな体形になってしまうんですけどね。必要なことは、下手くそな選手を下手だと放置せず、逆に彼なら何ができるのかを見極めたうえで、上手くなるためのハードルやステップを監督やコーチが用意して、クリアできるように見守ってやることです。受験勉強でも営業成績でも、必ず取り組んでいることと出る成果には因果関係があって、公文式でも四谷大塚でも問題を細切れにしてちょっとずつ勉強したり、段階を踏んで慣れていきながら少しずつむつかしい問題に取り組んでいって、最終的には学力という「戦うためのスキル」が身に付きます。でも、付くのは学力であって、成績ではありません。成績はテストの結果であって、ついた学力が100%反映されるとは限らないから、応用力をつけたり、幅広い知識を得るなどして土台を築かせ、どのようなテストがきても対応できるようにすることで、実生活でも役に立つ学問を修めることができるわけですよ。

 ところが、努力信仰というのは良い面も悪い面もあって、もちろん良い面はとっつきにくいことでも我慢して取り組んでいるうちにどうにかなってしまうことで成功体験が得られるところです。プロスポーツでも、筋トレに関心のなかった選手が不振でスタメン落ちの機会に「できることは何でもやってみよう」と筋トレに励みだすことがあります。そもそも、私たちのやる仕事だって、どれもが最初はやりたくないことだけど、こなしているうちにコツが分かってきて、最終的に難なくできるようになるという経験もあるんじゃないでしょうか。また、いま読者の皆さんがされている仕事も、子供のころや学生時代に思い描いていたような業務内容じゃなかったんじゃないかと思うのです。気乗りしないけど就職してしまい、仕事を覚えてみたら立派なキャリアになったというのは、決して無駄な努力じゃなかった、成果を出すのに正しい努力はしたということになるんじゃないでしょうか。

悪い努力信仰とは何か?

 悪い努力信仰というのは、度の過ぎる「とりあえずやってみよう」から「結果が出ないのは頑張りが足りないからだ」という、努力すること自体が目的になってしまうことで、努力の方向が目標からずれてしまい、まったく無駄な努力を重ねてただただ疲れるということです。正しくない努力をしても結果が出ない、結果が出ないからもっと頑張れという話になって、100メートルダッシュを100本走らされる高校球児が可哀想だなという話になるわけですね。

 企業組織の話でいうと、そういう間違った努力を強いる組織は、やり方に疑問を覚えるまともな人から去っていき、努力することが目的になる人たちだけの集団になってしまうため、東芝みたいな「チャレンジ」という名の粉飾まがいが平然と起きてしまうことになります。間違った努力は高校野球にも一部上場企業にも霞が関や官邸にもあるものであって、一度やると決まってしまうとどうにもとまらない山本リンダ状態になります。若い人がついてこれないネタを挟んでしまい本当に申し訳ございませんでした。

 なもんで、現場での仕事とマネージメントの意志決定をつぶさに観察すると、大概において無駄な努力を強いる組織というのは明確な目標が設定されていないことに気づくことが多いのです。「売上何%アップが目標だ」というのも結構ですけど、それを実現するためにどうブレークダウンするかがマネージメントです。売上をアップさせるために、ユーザーにこういう経験を提供できるものだと定義し、人員はこれだけ拡充しよう、商品やサービスはこう告知し、こんなチャネルで展開しようという作戦にまで落とし込めて、初めてマネージメントであり運営であり経営です。


©iStock.com

両足を縛って100メートルダッシュするような指示か、放任放置

 しかし、実際に起きていることは、膨大な仕事を上から降らせておいて「18時には全員帰社しろ」というような、両足を縛って100メートルダッシュさせるような指示か、とりあえずできることからやれという放任放置型のマネージメントです。まあ、成果の出ない組織ってだいたいそういうことばかりをやるんですよね、残念ながら。

 それもこれも、どうやったら成果が出るのか、方法を考える時間か能力がマネージメントする側にないケースがほぼ全部です。根性論で頑張るトップは、現場が苦労しているところは率先して監督するべきという考え方でいる人も多かったりして、雨の降る中ランニングしている野球部員をずぶ濡れで見守るのが良いマネージメントだと信じている人たちがいっぱいいます。風邪ひくだろ。いわゆる「人の上に立つボスよりも、人を引っ張るリーダーでありたい」と考えるエグゼクティブも中間管理職も「お前の引っ張っていっている先に崖はないのか」ということはよく考えるべきだと思うのです。

間違った努力をしないためのロードマップ

 間違った努力をしないためには、なるだけ明確で合理的な目標と、それを実現するための方法論を考える必要があるのです。どっちか片方では駄目で、この船はどこに向かうのかを決める目標と、この船はどう進むのかという方法論が両方あって初めてマネージメントで、そこに営業がいたり経理法務がいたり技術者がいたり高校球児がいたりキャリア官僚がいたりするんですけど、残念なことにトップが一番「休まない」ので、ビジョンを掲げ目標を考える時間がないようにも見えます。ああ、なんで日本のトップはこう忙しいのでしょう。

 突き詰めれば、組織のトップは「自分のしたいことはなにか」とか「この組織で何を実現したいと自分で思っているのか」を整理できていないことが多いのです。お前、高校野球の監督をしているけど、お前の人生の中で高校球児はどういう位置づけなんだ? とか、甲子園に出場して優勝を目指したいのかとか、しっかりとしたところから逆算して「教育重視でみんなが良い青春を送れるような野球部にしよう、であればどういう練習にするべきか」とか「甲子園で優勝したいのであれば予算もちゃんとしたコーチも必要だ、ではどういう選手がやってくる高校であるべきか」というロードマップになっていくはずなんですよね。


©iStock.com

 でもたぶん、忙しすぎて考えるヒマがない。あるいは、考える習慣がないので能力が追い付かない。だから、結果が出ないと100メートルダッシュ100本だ、お前ら頑張れという指導しかできなくなってしまう監督が出るんだと思うんですよね、自分がイケてないので組織に結果が出ないことを部下の責任に押し付けることができるから。

 むしろ、高校でも大学・社会人でもプロでも練習の量を減らし、テーマをきちんとセットし、身体を作り、クリアすべきテーマやハードルを設定しながら、全体のマインドを個人・組織ともに作り上げる必要があるわけです。なぜ試合でそういうプレイが必要かを考えるのも、いま目の前の営業で取り組んでいることを進めるために、何を心掛けるべきかを悩むのも、人が何かに取り組み実現するために考えるというプロセスが必要だからなんですけどね。

あなたも無駄な努力を強いられていませんか

 思い返せば、組織がうまくいかないのはトップのビジョンがないからだ、俺たちを一体どうしたいんだ、と愚痴り憤慨している人は多いです。読者であるあなたもそうかもしれません。

 でも、良く考えてみてください。10年前、あなたはいまの人生をどこまで予測できてましたか。意外と思ってもいなかった人生を歩んでいるかもしれません。

 10年後、あなたはどういう人生を歩んでいると思いますか。知らず知らずのうちに、誰かのマネージメントの下にあって、目標や仕事が降ってくるのを待っているだけでは、自分の人生をだれか他人に預けていることになるのです。

 高校球児は、監督が「やれ」ということになかなか逆らえない存在です。だから、試合に負けて100メートルダッシュ100本という理不尽な練習でも耐えなければならないのですが、ひょっとして、あなたも同じ理不尽なポジションにいて、無駄な努力を強いられていませんか。

(山本 一郎)