メッシ&スアレス、「日本・韓国・北朝鮮・中国」のライバルに!?

写真拡大

世界各地で行われるワールドカップ。南米では3位ウルグアイと5位アルゼンチンが負けられない一戦に挑む。

両国は2030年ワールドカップを共同開催するホスト国として立候補する。

CONMEBOL(南米サッカー連盟)のアレハンドロ・ドミンゲス会長も「(1930年の第1回W杯から)100年になる年であり、CONMEBOLとしては2030年W杯を南米で開催したい」と後押ししている。

そんななか、ウルグアイサッカー協会のウィルマル・バルデス会長の主導により、今回の試合前にルイス・スアレスとメッシが2030年W杯共催をアピールするこんなユニフォームを着るという情報も。

なお、負傷していたスアレスだが、この試合に出場できるかもしれないとされており、注目されそうだ。モンテビデオで行われる一戦は、日本時間の明日午前8時にキックオフ予定。

ちなみに、2030年W杯については、日本、韓国、北朝鮮、中国での4カ国での共催というアイデアも…。ただ、こちらは正式な立候補には至っていない。