北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、韓国政府が「自分が死ぬことも知らず、愚かに振る舞っている」と非難する論評を配信した。

論評は、韓国の文在寅大統領が「米国と結託して『ウルチ・フリーダム・ガーディアン』合同軍事演習を行って朝鮮半島の危機を最悪の爆発直前に追い込んでいる」と述べた。

つづけて、「われわれの核戦力は外部勢力の侵略と干渉から朝鮮民族の自主権と生存権を守るための霊剣であり、最も頼もしい戦争抑止力である」と主張した。

また、「こんにちの明るい世界で凶悪極まりない戦争ヒステリーを振るいながらも『平和の守護者』と強弁を張っていわゆる『安保危機』についてけん伝するのは、ただ戦争国家である米国とそれに追従する手先らだけである」と強調した。

さらに、「米国の無謀な『予防戦争』『先制攻撃』企図を朝鮮式の正義の全面戦争、より先んじた先制攻撃で粉砕するのが朝鮮の変わらない立場であり、徹底的な対応方式である」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮当局は、自分の目で世界の面前で悲惨な運命の分分秒秒を苦しく送っている愚かで間抜けな上司をもう一度振り向く必要があるであろう」と主張した。