水曜日に来春の山形入団を発表した中村。U-18日本代表でも高い得点力を発揮するか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は8月30日、U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(9月4〜6日/J-GREEN堺)に参加するメンバーを発表した。
 
 U-18日本代表は2年後のFIFA U-20ワールドカップ2019の出場を目ざすチームで、直近の目標は11月4日から始まるU-19アジア選手権予選の突破だ。今回の合宿を経て9月下旬にはカタール遠征を消化。10月下旬に再び集合し、モンゴルでの本番に備える。
 
 今回の合宿では来季神戸に内定が決まった郷家友太、同じく山形入りを発表した中村駿太の青森山田高コンビをはじめ、27名が選出された。インターハイの日程との兼ね合いで8月中旬のSBSカップに参加できなかった選手が多く入り、初招集はおよそ半数の14名にのぼる。早生まれですでにプロとしてプレーする田村亨介(鳥栖)と齊藤未月(湘南)も名を連ねた。
 
 影山雅永監督がセレクトした招集メンバーは以下のとおりだ(初招集=◆)。
 
GK
中野小次郎(法政大)◆
早坂勇希(川崎U-18)◆
櫻庭立樹(札幌U-18)◆
DF
松田 陸(前橋育英高)
宮本駿晃(柏U-18)
角田涼太朗(前橋育英高)◆
生駒 仁(鹿児島城西高)
中村勇太(鹿島ユース)◆
川井 歩(広島ユース)
谷口栄斗(東京Vユース)
山口竜弥(東海大付相模高)◆
MF
齊藤未月(湘南)◆
入間川景太(甲府U-18)
郷家友太(青森山田高)
山田康太(横浜ユース)
芝本 蓮(G大阪ユース)◆
佐々木大樹(神戸U-18)
品田愛斗(FC東京U-18)◆
杉浦文哉(名古屋U18)
圓道将良(旭川実高)◆
西村恭史(興国高)◆
FW
田川亨介(鳥栖)
中村駿太(青森山田高)
平墳 迅(清水ユース)
安藤瑞季(長崎総科大附高)
古川大悟(千葉U-18)◆
町野修斗(履正社高)◆