東京ディズニーランド「ワンス・アポン・ア・タイム」※2017年11月6日公演終了

写真拡大

フィナーレのあと、感動のあまり自然と拍手が湧き起こるほどの、東京ディズニーランド屈指のエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」。

【フォトギャラリー30枚】TDL「ワンス・アポン・ア・タイム」&「エレクトリカルパレード」

2017年11月6日(月)をもっての公演終了が発表されましたが、

「残念……」

の、ひとこと!!

観賞場所はどうすればいいか、どれくらい前から待てばいいか、など、見納めのための徹底攻略ガイドをお届けします。

空前絶後のブームを巻き起こした「ワンス」

「ワンス・アポン・ア・タイム」は、3年と少し前、2014年5月29日よりスタートしました。

しばらくは、

“鑑賞の最後尾は、ワールドバザール入口”

“見たいと思っても、子どもを肩車する人が続出して、前が見えない”

など、実質、シンデレラ城前の中央鑑賞エリアの抽選(これがまた狭き門でした)に当たらなければ、まともに鑑賞するのが困難な大人気でした。

もちろん、東京ディズニーリゾート初のプロジェクションマッピング+花火のナイトエンターテイメントという話題性もありました。

が、それにも増して、私たちゲストに感動を与えてくれたため、リピーターも非常に多く、厳寒期以外は、なかなか混雑は解消しませんでした。

ゲストみんながみんな、「ワンス・アポン・ア・タイム」目当てに来園するため、2014年6月21日(土)には、「当日券販売終了」という、おそらく史上初の措置が取られた過去もありました。

※通常、入園制限が実施されても、徐々に退園するゲストが増えるため、遅くとも夕方前には制限解除されます。が、2014年6月21日(土)は、11:30amという早い段階で、「夜になっても空く見込みがないので、当日券はもう売りません」という異例の措置が取られました

あまりに残念な公演終了……理由は35周年?

さて、そんな「ワンス・アポン・ア・タイム」も、3年が経過し、古びてしまった……のかと思いきや。

いま見ても、東京ディズニーランドの王道をいくかのような、ディズニーアニメーションを中心としたストーリーに音楽、鮮やかなプロジェクションマッピング、豪華で迫力満点なパイロテクニクスなど、非常に完成度が高く、終了してしまうのがもったいないとしか思えません。

ちょうど、来年2018年は、東京ディズニーランド開園35周年。

東京ディズニーリゾート35周年イベント “Happiest Celebration ! ” が開催されます。

夏からは、目玉の一つとして、新たなキャッスルプロジェクションがスタートすると発表されており、このアニバーサリーがなければ、きっと「ワンス・アポン・ア・タイム」を終了させる理由はなかったでしょう。

アメリカ本国のフロリダ州オーランド「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」マジックキングダムでは、「ワンス・アポン・ア・タイム」の公演が新たにスタートしており、

これも「ワンス・アポン・ア・タイム」の魅力を裏付ける証左と言えるでしょう。

※マジックキングダムは、東京ディズニーランドのモデルと言われるパークで、シンデレラ城があり、ほぼそのまま公演することができます

「Eパレ」か「ワンス」か問題

さて、では「ワンス・アポン・ア・タイム」を見納めするスケジュールを、実際に考えてみましょう。

ポイントは、2017年7月にリニューアルされたばかりの「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」と、どちらをメインに鑑賞するかです。

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」も、『アナと雪の女王』フロートの追加や、新しくなった『シンデレラ』『美女と野獣』フロートなど、見どころは充分です。

年に1、2回程度しか遊びに来られないとしたら、ぜひ見ておきたい、クオリティがあります。

ところが、両方を、好位置で鑑賞するのは、かなり困難であり、現実的に考えれば、どちらかを優先する必要があります。

「ワンス」抽選なし。観賞場所は自力確保

「ワンス・アポン・ア・タイム」の観賞場所は、大きく2つに分けられます。

プロジェクションマッピングを正面から見られ、音響やパイロテクニクスの迫力もあり、最高の鑑賞場所となるのが、シンデレラ城前の広場「中央鑑賞エリア」です。

もう一つは、中央鑑賞エリアの周囲で、迫力はやや劣ります。

ただこちらも、障害物と、角度にさえ気をつければ(真横から見ると映像が歪みますし、全体像が捉えられません)、充分に楽しめます。

最高の観賞場所である、「中央鑑賞エリア」は、座席を、長らく抽選制として運用していましたが、近ごろは抽選なしとなりました。

「ワンス・アポン・ア・タイム」の公演スケジュールを確認しても、現時点で、2017年9月いっぱいは抽選なしと発表されています。

すなわち、観賞場所を自分で確保しなければならない、ということです。

※2017年11月6日の最終公演間際は、見納めしたいファンの来園が見込まれるため、抽選制が復活する可能性もあります。また、公演スケジュールは変更となる可能性もあります。最新情報は、東京ディズニーリゾートオフィシャルホームページでご確認ください

1時間以上前からの観賞場所確保がセオリー

「ワンス・アポン・ア・タイム」や、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、東京ディズニーランドの代名詞とも言える、人気エンターテイメントです。

しっかり見える場所で、座って鑑賞したいと思えば、

空いているとき……1時間前まで
賑わっているとき……1.5時間前まで

の観賞場所確保が、だいたいの目安となります。

この時間以降で、観賞場所を探すとなると、運の要素が強くなってきます。

今後、東京ディズニーランドは、2017年9月8日からスタートする屈指の人気イベント「ディズニー・ハロウィーン」で賑わうため、より条件は厳しくなってきます。

Eパレ終了〜ワンス開始が1時間未満! 二兎を追うのは困難

公演スケジュールを確認すると、8月中は、

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ 19:35〜
ワンス・アポン・ア・タイム 20:45〜

9月に入ると、

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ 19:30〜
ハピネス・オン・ハイ(9/8からナイトハイ・ハロウィーン)20:30
ワンス・アポン・ア・タイム 20:50〜

と、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」が終わった頃には、「ワンス・アポン・ア・タイム」公演まで1時間を切っている状況です。

※「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」公演中は、フロート通過のため、シンデレラ城前への移動が制限されますので、ご注意ください

となると事実上、「ワンス・アポン・ア・タイム」を中央鑑賞エリアからしっかり鑑賞しようと思えば、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のフロートが来る前に、シンデレラ城前の中央鑑賞エリアに入っておかなければ、安心できません。

ただ、中央鑑賞エリアに入ってしまうと、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、満足に鑑賞できません。

もちろん、フロートは中央鑑賞エリアの周囲をぐるっと走るため、見えるには見えるのですが、ほぼ全方向から聞こえてくる、各フロートの様々な音楽が反響して、わけがわからなくなってしまうのです。

1. 「ワンス・アポン・ア・タイム」をメインに鑑賞する

以上を踏まえ、まとめます。

「ワンス・アポン・ア・タイム」をメインに鑑賞する場合は、遅くとも、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」開始前に、シンデレラ城前の中央鑑賞エリアに入っておきましょう。

ゲストの来園状況にもよりますが、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」開始前であれば、大抵は観賞場所の確保が間に合うはずです。

※ファンの殺到が予想される2017年11月6日の最終公演日、およびその直前は、この限りではありません。また、ゲストの来園状況により、中央鑑賞エリアの埋まり具合も変わります。特に、「パーク内に人が多い」と感じるときは、より余裕を持ったスケジュールがおすすめです

中央鑑賞エリアにさえ入れれば、最高の環境での「ワンス・アポン・ア・タイム」鑑賞が約束されます。

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は見ても見なくてもどっちでもいい、という方におすすめです。

2. 「Eパレ」メインに「ワンス」も鑑賞する

逆に、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」をしっかり見たい(「ワンス・アポン・ア・タイム」はそれなりに見えればいい)という方。

遅くとも、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」開始1時間前(賑わっているときは1.5時間前)までには、パレードルートのアウトコース側に、観賞場所を確保しましょう。

シンデレラ城の全体像が概ね見える位置であれば、そのまま「ワンス・アポン・ア・タイム」の鑑賞も可能です。エレクトリカルパレード終了後に、シンデレラ城が見える位置に、いち早く移動するのでもいいでしょう。

この場合「ワンス・アポン・ア・タイム」鑑賞のポイントは、人垣より離れた位置から鑑賞することです。目の前に背の高い人が来てしまった場合など、満足に見えなくなってしまうリスクがあるためです。

おすすめは、アドベンチャーランドへの通路付近のベンチか、トゥモローランドへの通路付近のベンチ、あるいはその周辺です。

「ワンス・アポン・ア・タイム」の音楽やストーリーは、パレードルート全域のスピーカーから、しっかり聞こえますので、充分に楽しめますよ。

なお、「ワンス・アポン・ア・タイム」公演中は、パレードルートにも徐々に人が集まり、目の前に誰かに立たれてしまった場合など、視座が低いと、見えにくくなるケースもありますので、ご注意ください。

©Disney