画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LCCの春秋航空日本(Spring Japan)は8月30日、冬ダイヤ(10月29日〜2018年1月15日)を発表。毎日運航をしている成田=関西便(IJ301/IJ302)は運休し、1日2便運航している成田=佐賀便は1日1便に減便する。

成田=関空間は2016年9月に就航。今回の運休に関しては、関西空港に発着する訪日旅客の関東方面へのツアー需要が伸びず、十分な搭乗率が見込めないことが理由であり、今後状況を見ながら再開を予定している。

佐賀線減便に関しては、全体的なダイヤ編成において、各空港の発着枠の調整を行った結果、利便性の良いダイヤを組めないための対応としている。そのため、ダイヤの調整等が整い次第、再考するとしている。

なお、冬ダイヤ機関の航空券の販売は、8月31日12:00からとなる。