30日、韓国産の卵、鶏肉、生理用品などから人体に有害な化学物質が検出され、韓国社会に「ケモフォビア(化学物質恐怖症)」が広がる中、ヨガマットからも有害物質が検出されたことが分かった。写真はソウル。

写真拡大

2017年8月30日、韓国産の卵、鶏肉、生理用品などから人体に有害な化学物質が検出され、韓国社会に「ケモフォビア(化学物質恐怖症)」が広がる中、ヨガマットからも有害物質が検出されたことが分かった。韓国・MBNなどが伝えた。

韓国では最近、健康のためにヨガを楽しむ人が急増しており、その数は200万人に達するという。それに伴いヨガマットの需要も高まっているが、韓国消費者院によると、市場に流通・販売されているヨガマット30枚を調査した結果、7枚(23.3%)から最大で基準値(0.1%)の245倍(最低21.2%〜最大24.5%)を超える有害物質が検出された。

環境ホルモンの一つであるフタル酸系可塑剤が検出された製品が4枚、短鎖塩素化パラフィンが検出された製品が2枚、多環芳香族炭化水素が検出された製品が1枚。中には「エコマット」として通常のマットより高い価格で販売されているものも含まれていた。さらに、それらに表示されていた政府から認定を受けたことを示す「エコマーク」が全て偽物であったことも判明したという。

フタル酸系可塑剤は内分泌障害を引き起こす物質で、不妊や早産など生殖機能にも影響を及ぼすため、同院は消費者らに十分な注意を呼び掛けている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「どうりで臭いが変だと思った」「製品も食品も人も全てが信じられない。ヨガ講師らの健康状態が心配」「韓国に安全を確信できる製品はないということ?身の回りの全てのものから有害物質が検出されそう」「7年間ヨガを続けているけど、マットを使用するたびにゴムの臭いがひどいと感じていた。もしかして有害物質のせい?」など不安の声が寄せられている。

また、「どこの製品から検出されたのか明らかにするべき」「ばれても企業は製品を回収して一言謝罪するだけ。だからこういうニュースがなくならない」「政府は何をしているの?卵に生理用品、ヨガマットまでが問題になっているのに慌てる様子は全くない」などと指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)