ヴォルフスブルク、元フランス代表MFギラヴォギと2020年まで契約延長

写真拡大

▽ヴォルフスブルクは30日、元フランス代表MFジョシュア・ギラヴォギ(26)と2020年6月まで契約を延長した。

▽2009年にサンテチェンヌでプロデビューしたギラヴォギは、2013年にアトレティコ・マドリーへ移籍。しかし、アトレティコでは出場機会に恵まれず、古巣のサンテチェンヌやヴォルフスブルクに貸し出されていた。

▽その後、2014年から2年間のレンタル移籍で加入していたヴォルフスブルクが買い取りオプションを行使。2016年の夏に完全移籍を果たした。主力として活躍を続けるヴォルフスブルクでは、在籍3シーズンで公式戦105試合に出場し4ゴールをマーク。今シーズンもここまで公式戦3試合に出場し、1アシストを記録している。

▽また、ギラヴォギは2013年6月にフランス代表デビューを飾り、これまで6キャップをマーク。しかし、2015年3月を最後に代表からは遠ざかっている。