宇佐美、独2部デュッセルドルフへ期限付き移籍、背番号33 指揮官期待「秀でた技術」

写真拡大

アウクスブルクから30日に移籍発表 宇佐美は「移籍成立を嬉しく思います」

 ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフが30日、アウクスブルクFW宇佐美貴史を期限付きで獲得したことを公式サイトで発表。

 新天地での背番号は「33」に決定した。

 宇佐美は今季、13日のDFBポカール1回戦マクデブルク戦、19日のブンデスリーガ開幕戦ハンブルガーSV戦、26日の第2節ボルシアMG戦と続けて出場機会がなく、ロシア・ワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦、サウジアラビア戦のメンバーからも落選していた。

 今回、期限付きでの移籍となったが、宇佐美は「フォルトゥナへの移籍が成立したことをとても嬉しく思います。ホッフェンハイムの一員としてこのエスプリ・アリーナ(デュッセルドルフの本拠地)でフォルトゥナと対戦したことをよく覚えていますが、素晴らしいファンとスタジアムについて、強い印象を持っています。それらもこの移籍を決断した要因の一つです。新しいチームに入り、そして再びピッチに立てることを楽しみにしています」と意気込みを語っている。

 宇佐美は2011-12シーズンにバイエルンで3試合0得点、12-13シーズンにホッフェンハイムで20試合2得点の結果を残すも、13年夏に古巣のガンバ大阪に復帰。14年にはクラブ史上初の三冠達成に貢献した。16年夏に再びドイツへと渡り、アウクスブルクで16-17シーズンは11試合0得点に終わっていた。今季はここまでリーグ戦の出場がなく、戦力外に近い形でデュッセルドルフへの移籍が決まった。

監督の宇佐美評は「素晴らしいドリブラー」

 デュッセルドルフは12-13シーズンに2部へ降格し、昇格を目指す戦いは5シーズン目を迎えている。今季は4試合を終えて3勝1分で首位と好スタートを切った。9月10日の第5節ではDF内田篤人が所属するウニオン・ベルリンとの対戦が控えている。

 フリートヘルム・フンケル監督は、戦力として大きな期待を寄せる宇佐美について、次のようにコメントを残した。

「宇佐美貴史は秀でた技術を持っており、そして素晴らしいドリブラーでもある。また、25歳という若さで、すでに日本とドイツで200試合以上に出場している経験を持っている。ただし、継続的な出場に慣れるまでに、少し時間を与えていくことが必要だ」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督から寵愛を受けていた25歳のアタッカーは、昇格のキーマンとして輝きを放てるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

クラブ公式ツイッターのスクリーンショットです●画像