アジアサッカー連盟(AFC)は30日、31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉)に臨む日本代表のメンバーリスト23名を公式サイトに掲載した。

 今回、日本は27人を招集しており、AFCのリストからはDF植田直通(鹿島)、DF三浦弦太(G大阪)、MF小林祐希(ヘーレンフェーン)、FW武藤嘉紀(マインツ)の4人が外れている。試合にベンチ入りする23人のメンバーリストはキックオフ1時間半前に提出するレギュレーションとなっており、今後の状況次第では変更の可能性もある。

 故障明けでコンディションが心配されていたMF香川真司(ドルトムント)とFW本田圭佑(パチューカ)はリストに名を連ね、約2年ぶりの代表復帰を果たしたMF柴崎岳(ヘタフェ)は背番号7でメンバー入りすることになりそうだ。

 日本はグループBで2試合を残し、5勝2分1敗の勝ち点17で首位。日本はオーストラリアに勝てばW杯出場が決定する状況となっている。また、引き分け以下に終わった場合でも、最終節のサウジアラビア戦で引き分け以上なら2位以内が確定。6大会連続6回目のW杯出場が決まる。

▽GK

1 川島永嗣(メス)

12 東口順昭(G大阪)

23 中村航輔(柏)

▽DF

3 昌子源(鹿島)

5 長友佑都(インテル)

19 酒井宏樹(マルセイユ)

20 槙野智章(浦和)

21 酒井高徳(ハンブルガーSV)

22 吉田麻也(サウサンプトン)

▽MF

2 井手口陽介(G大阪)

4 本田圭佑(パチューカ)

6 高萩洋次郎(FC東京)

7 柴崎岳(ヘタフェ)

10 香川真司(ドルトムント)

16 山口蛍(C大阪)

17 長谷部誠(フランクフルト)

▽FW

8 原口元気(ヘルタ・ベルリン)

9 岡崎慎司(レスター・シティ)

11 久保裕也(ゲント)

13 乾貴士(エイバル)

14 杉本健勇(C大阪)

15 大迫勇也(ケルン)

18 浅野拓磨(シュツットガルト)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧