翌日に控えた大一番オーストラリア戦。日本代表DF{{}酒井宏樹}(マルセイユ)は「本当に大事な試合だと皆分かっている。会場が一体となって、本当に試合が終わった後、皆で喜べればいいと思う」と意気込みを示した。

 最終予選では出場停止となったアウェー・オーストラリア戦を除く全7試合に先発出場。ハリルジャパン不動の右SBは、「細かいところが試合を左右する。基本的なことだけど、あと一歩のところや最後のところだったり、攻撃も守備もそういう部分が大事になってくると思う」と試合のポイントを挙げた。

 オーストラリアの武器の一つとなるのはセットプレーだ。「(オーストラリアの身長は)大きいものは大きいし、身長に関してはいきなり伸びるわけではない」と空中戦でまともに勝負すれば相手に分があるとしつつ、「最後まで相手にヘディングしづらい状況を作るのが、ゴールの確率を下げる方法なので、フリーな状況を作らせないようにしたい」とゴールを守り抜こうとしている。

 勝てば文句なしで6大会連続でのW杯出場が決まる。当然、勝利を目指すが、「そこまでリスクを背負って前からいきなり攻める必要はない。試合は90分あるので、相手の出方を見ながら冷静にやることはやらないといけない」と冷静に試合を運んで勝機をうかがう。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧