お召織や風通織など7 つの技法で織られた製品がずらりと並ぶ

写真拡大

和装・洋装で分けられた1階の展示販売場、織物に関する資料や製品・道具を展示する2階の展示室からなる記念館「桐生織物記念館」。ここでは1300年余りの伝統を誇る「桐生織物」の歴史を感じることができる。

【写真を見る】レトロな造りでロケ地としても有名

館内には、お召織や風通織など、7つの技法で織られた製品がずらりと並ぶ。触り心地のよい商品が並ぶ展示販売場では、定期的に展示会も開催。また、無料で楽しめる手織り体験は、スタッフが丁寧に教えてくれるので初めてでも安心だ。その他、当時買継商を営んでいた企業の「織物見本帳」など貴重な資料は必見。

外観は、レトロな造りでロケ地としても有名。1300年もの歴史が刻まれた貴重な資料見学から、手織り体験まで楽しみ方は多彩。「桐生織物」の歴史を幅広く学ぶことができる。【ハイウェイウォーカー編集部】