FW大迫勇也、ブラジルW杯の雪辱に向けて本戦行きの切符を「自分の手で掴み取りたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は30日、翌31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。

▽練習終了後、FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。明日の大一番に向けての意気込みを語り、ブラジルワールドカップで雪辱を晴らすためにも本戦行きの切符を「自分の手で掴み取りたい」と語気を強めた。

◆FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)

──明日の一戦について

「自然とモチベーションを上げてくれます。子供の頃から見ていた舞台ですし、ブラジルワールドカップで何もできなかった自分がいたので、その時の借りを返したいという思いがすごくあります。自分の手で掴み取りたいです」

──オーストラリア代表の印象

「意外と繋いでくるなという印象です。大きい選手も多いですけど。ただ、(映像で)相手の良いところばかり観せられるので。僕はいつも通りやるだけです。僕らがしっかりとやるべきことをピッチでできれば自然と良い結果が出てくると思います。自分たちを信じることが大事になります」

──弱点については

「ミーティングで話していることはたくさんあります。ただ、言えない部分もあります」

──負傷もあった中で明日大一番を迎えるが

「いろいろな人に支えてもらってまた戻ってこれました。その人たちに喜んでもらえるように良い結果を出すことが責任としてもあると思います」

──ケガした時にこの時期での復帰は

「最初はケルンのドクターに出場は無理だと言われていました。ただ、思っていたよりも治りが早くてみんなびっくりしたんじゃないですかね」

──ご自身が負傷していた時期、FW岡崎慎司のプレミアリーグでの2得点の活躍をどう見ていたか

「常にオカ(岡崎慎司)さんからは常に良い刺激を受けています。最前線で結果を出している選手ですし、見習うべきところは多くあります。ただ、代表のポジションは代表監督が決めることなので、そこは良い刺激を受けたり与えたりすることでお互い成長できると思います。そういう循環を試合に出場した方の選手が作っていければ良いと思います」