ボール奪取を厳しく言われたMF小林祐希「カンテは7回、俺は6回。あまり変わらないじゃん」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は30日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ヘーレンフェーンのMF小林祐希が報道陣の取材に応対。勝利すればW杯出場が決定する大事な一戦に向けて意気込みを語った。

◆小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

──オーストラリアはフィジカルが強いが、自身は常にそういう相手とマッチアップしてきて見せ場があるのでは

「オーストラリアだからとは気にしていなくて、誰が相手でもやるだけです」

──今日の練習で詰めたところは

「フィニッシュの部分で、どうやって相手の弱点をつくかと監督も細かく気にしていました。守備の部分でも前から奪いに行く時、引いた時と。どちらにしても慌てて一歩遅れることが一番良くないです。行く時はみんなで行く。下がる時はみんなで下がるなど、そのメリハリができればと思います。クオリティが高い選手が揃っているので、不安とかはないです」

──宿舎でもいろいろな話をしていると思うが

「食事会場などどこにいても最後はサッカーの話になります。みんなサッカーが好きですし、オタクなのでね」

──監督から声をかけられたことは

「俺のイメージなのでしょうが、ボールを激しく奪って守備で貢献してくれと。そればっかり言われるので調べましたが、開幕戦でカンテとカゼミロは7回ボールを奪っていて、俺は6回でした。そんなに変わらないじゃんと。監督にそれは言えなかったですが、笑いながら聞いていました」

──オフェンス面については

「自分のチームでは決まりごとが多いのであまり好き勝手にはできません。前に行けないのでね。代表ではチャンスをみて。ここはクオリティが高いですし、良いタイミングでボールもくるので、イメージはできています」