[8.29 第29回ユニバーシアード競技大会・台北大会決勝 日本代表1-0フランス代表]

 今日は跳べる日、坂圭祐の日――。世界一をかけた決勝戦で、頼れる男がゴール前の防御壁として活躍した。国際大学スポーツ連盟が主催する第29回ユニバーシアード競技大会の男子サッカー決勝が29日に行われ、ユニバーシアード日本代表は、1-0でフランスを下して3大会ぶり6回の優勝を飾った。

 完封勝利の立役者は、DF坂圭祐(順天堂大4年=四日市中央工高)だ。試合の序盤、フランスの両サイドMFに突破力を見せつけられたが、FWへのハイボールに対するファーストディフェンスで坂が相手を封殺したため、中央を効果的に使われて振り回される展開は避けられた。

「今日は、ジャンプが多かったですけど、体力的にもきつくなくて、最後まで足を攣ることもなくできました。試合前からアドレナリンが出ていて、今日は跳べる日やなと思っていました。(CBでコンビを組んだ菊池)流帆は、セットプレーの度に攻撃参加していて疲れもあったけど、自分には余裕があったので、特長も出せたと思います」

「それほど相手が思い切り競って来る感じじゃなかったので(菊池より身長の低い)自分でも対応できたから良かったです。正直、準決勝に出ていた選手の方が嫌だなと思っていたので、今日のマッチアップは、そんなに怖さを感じませんでした」

 坂は力強く試合を振り返った。自信を持って跳ね返したことがよく分かるコメントだった。身長174センチとそれほど大きくないが、ヘディングは得意だ。跳躍力を含めて身体能力が高い。四日市中央工高時代、1学年上の浅野拓磨(シュツットガルト)らとともに全国高校選手権で準優勝したときから高く評価されている選手だが、大学でより磨きをかけて安定感が増して来た印象だ。

 勝負所で活躍し、試合の要所を押さえた働きぶりに、宮崎純一監督も「今日は、ファイティングスピリットを前面に押し出して、出来過ぎというくらいの良いパフォーマンスを見せてくれました」と高い評価を与えた。

 前半でリードをしたため、後半は押し込まれる時間が長くなったが、ポストに救われる場面もあって、どうにか切り抜けた。坂は「日本に運があった。運を付けるような行動をして来たからだと思います」と話した。決勝戦の日の朝、選手村の前にある林口社区運動公園のゴミをチーム全員で拾い集めた。大会が終盤に差し掛かり、試合を終えた他国の選手たちが飲食をして騒ぎ、たくさんのゴミが出ていたのだという。見えない力も味方に付け、世界一のタイトルを獲得した。

 「モチベーションビデオで2年前の映像が流れても、当時のことは全然知らない」と笑う坂は、約1か月前にチームに招集されたばかりだが、大事な一戦でしっかりと役割を果たした。大学卒業後の進路は、プロ入りが決定的。プロになる選手として優勝に貢献しなければいけないという自負もあったという。

 金メダルのかかった大一番できっちりと仕事を果たした坂は「このチームに加わって1か月くらいだけど、本当に良い経験ができた。メンバーに選んでくれた宮崎先生に感謝したいです」と充実感に包まれた表情で試合会場を後にした。

(取材・文 平野貴也)

●ユニバーシアード競技大会2017特集