30日、韓国メディアによると、収賄容疑などでソウル拘置所に収監されている韓国の朴槿恵前大統領が腰の痛みなどを訴えて2度目の健康診断を受けたが、健康には異常がないことが確認された。写真は中国の雑誌。

写真拡大

2017年8月30日、韓国・ハンギョレによると、収賄容疑などでソウル拘置所に収監されている韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が腰の痛みなどを訴えて2度目の健康診断を受けたが、健康には異常がないことが確認された。

ソウル拘置所などによると、朴前大統領は同日午前9時からソウル市内の病院でMRI撮影や胃の内視鏡検査、歯科治療などを受けた。今回の治療は足の指の痛みを訴えて健康診断を受けた先月28日に続き2度目となる。朴前大統領は最近、肩や腰の痛み、胃もたれなどの症状を訴えていたという。しかし、診断の結果、症状は加齢によるもので健康に問題はないことが分かった。

朴前大統領が病院を訪れた際、病院側は朴前大統領の姿がメディアに露出しないよう病院の廊下をカーテンで隠した上、朴前大統領をキャスター付きベッドに寝かせ全身を布団で覆った状態で移動させた。拘置所を出発する時から病衣を着ていた朴前大統領は、病院に到着した時は歩いていたが、拘置所に戻る時は車椅子を使用していたという。

朴前大統領は足の指の腫れと痛みの症状を訴え、先月10日、11日、13日の裁判に出廷しなかった。足の負傷は現在は完治しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「人は老いるということも知らないのか?」「国民の心の方が百万倍痛い」「人をだまし、うそをつき、真実を隠す癖は一生直らないだろう」「異常があるわけない」「どうせ外に出たかっただけでしょ?」「そんな浅知恵を…。まだ反省していないの?」など朴前大統領に対する冷ややかなコメントが多く寄せられている。

また、「裁判の期間が長過ぎない?いつまで朴槿恵の名前を見なければならないのか…」「特別扱いがひどい。拘置所の職員を調査するべき」などと指摘する声も。

一方で「身に覚えのない罪に問われているのだから病気になるのも当然だ」「犯した罪に相応する罰を受ければ十分でしょ?心ないコメントを書き込んで不必要に傷つける必要がある?」などと主張する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)