STU48(C)モデルプレス

写真拡大

【STU48/モデルプレス=8月30日】国内6番目の48グループとして誕生した、瀬戸内7県を拠点とするSTU48が30日、京セラドーム大阪で開催された「KANSAI COLLECTION 2017 AUTUMN&WINTER(以下:関コレ)」に出演した。

【フォトギャラリー】スカートを揺らしながら踊るSTU48!メンバーのランウェイ写真も

◆「会いたかった」「大声ダイヤモンド」も


オープニングアクトとして登場したSTU48。ライブは、AKB48のメジャーデビュー曲「会いたかった」からスタート。

続けて、2曲目にはAKB48の「BINGO!」を元気いっぱいに、3曲目には初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」をフレッシュにパフォーマンス。観客を巻き込み盛り上がりながら、ラストはAKB48の「大声ダイヤモンド」。弾けるようステージを繰り広げ、存在感を示していた。

◆MCでは初告白も


MCでは、キャプテンの岡田奈々が「関西コレクションに起こしの皆さん、こんにちは!瀬戸内の魅力を皆さんに届けられるように頑張るのでよろしくお願いします」と挨拶。「女の子の憧れのファッションショーに出演させていただけるということで…」とメンバーに話をふり、デビューシングルでセンターを務める瀧野由美子は「すっごい楽しみにしてました!」と喜びあらわに。

ライブパフォーマンスから「いつもとヘアメイクが違うんです」といい、岡田も「いつもよりオシャレ顔なんです。いい女になれた感じがするよね」と笑顔。メンバーは皆普段とは違うヘアメイクにハイテンションで舞台裏でも写真をとりあっていたことを明かした。

また、岡田は大阪出身のメンバーとして佐野遥と薮下楓の2人を紹介し、薮下は「大阪でこんな早く出来るとは思ってなかったので、皆今日にかけて美容を頑張ってきた」とコメント。佐野は「私京セラドームで働いたことがあって」とアルバイト経験を初告白し、「だからその場所でライブすることになるとは思ってなかったのでびっくりと嬉しい気持ち」と心境を明かしていた。

なお、メンバーの岡田、瀧野、磯貝花音はモデルとしてランウェイにも出演した。

◆STU48とは?


STU48は国内6番目のAKB48姉妹グループとして2017年3月に誕生。「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」に渡って活動する48グループ初の広域アイドルグループ。 瀬戸内 (SeToUchi) の頭文字から STU48(エスティーユーフォーティエイト)と命名される。

劇場支配人はHKT48の指原莉乃、キャプテンは岡田奈々が務め、今後は瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで、歌とダンス・トークから構成される公演を開催していく予定。

◆14回目の「関西コレクション」


2011年2月、大阪で誕生した「関コレ」は今回で14回目の開催。「REALLY!」をテーマに、「マジで?」と聞き直したくなるような驚きと、「マジで!」と強調したくなるような感動を発信していく。今回の見どころはAKB48グループ総勢21人によるファッションショーや、怪盗ピンキー/PINKID、かす、りかりこら人気YouTuberたちによるスペシャルステージなど。また道端アンジェリカ、舟山久美子、河北麻友子、藤田ニコルなどの人気モデルや、大倉士門、こんどうようぢなどのメンズモデル、上杉柊平、花沢将人、ぺこ&りゅうちぇるなどのゲストもステージを盛り上げた。(modelpress編集部)

■セットリスト


1.会いたかった
2.BINGO!
3.瀬戸内の声
4.大声ダイヤモンド

【Not Sponsored 記事】