30日、中国商務部はバングラデシュメディアの報道を引用し、日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げると伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年8月30日、中国商務部はバングラデシュメディアの報道を引用し、日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げると伝えた。

国際協力機構(JICA)は、バングラデシュに対する38回目の優遇借款利率を0.7%に引き上げる。しかし返済期間は変更せず、借款期間は30年、猶予期間10年のままだ。この借款は合わせて約16億4000万ドル(約1800億円)で、交通インフラや電力、水の供給などのプロジェクトに使用される。

具体的には、シャージャラル国際空港建設プロジェクトに7億ドル(約770億円)、カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設に4億8000万ドル(約528億円)、ダッカ都市鉄道に5000万ドル(約55億円)、マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業に1億ドル(屋久110億円)、ダッカの地下変電所建設に1億9000万ドル(約209億円)、小規模水源開発プロジェクトに1億1000万ドル(約121億円)である。

バングラデシュは独立以来、日本が最大の援助国となっており、これまでで120億ドル(約1兆3200億円)近くを援助してきた。過去10年間で、JICAは最も優遇的な借款を行い、借款利率は0.01%だった。

しかし、バングラデシュの経済局関係者によると、今回の日本による優遇借款利率の引き上げでも、他の援助国と比べたらまだ低い利率だ。バングラデシュの最大の援助者である世界銀行が提供する優遇借款利率は0.75%で、第2の援助者であるアジア開発銀行は2〜3%の利率だという。(翻訳・編集/山中)