大迫にエースの貫禄、負傷明けも豪州戦に闘志 W杯出場へ「自分の手でつかみ取りたい」

写真拡大

右足首を負傷も回復 「全部含めて良い状態にある」と準備万端

 ハリルジャパンのエースが、自らのゴールによってワールドカップ(W杯)出場を決めたいと闘志を燃やしている。

 日本代表FW大迫勇也は30日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦を翌日に控えた前日練習を終えて、報道陣の前で意気込みを語った。

「こういう大事な試合の時にここにいられるということが、選手としてすごく価値があること。ここで結果を出さないといけない責任感もある」

 勝てば本大会出場が決まる大一番を前に、大迫は大きな責任を感じていた。それと同時に「もちろんプレッシャーもあります」としたうえで、「それを全部含めて良い状態にある」と試合に臨む準備は万全と主張している。

 大迫は7月31日に行われたクラブでのテストマッチで右足首を負傷した。ケルンのドクターからも「最初は無理って言われた」というように、出場すら危ぶまれていたところから1カ月足らずで回復。90分間のプレーにも問題ないかと問われると、「そうですね」とはっきりと答えた。コンデション面の不安はなさそうだ。

活躍する岡崎、FWとしての意地

 センターフォワードとしての意地もある。ポジションを争うFW岡崎慎司(レスター・シティ)がプレミアリーグ開幕2戦連続ゴールと好調だが、「代表のポジションは代表監督が決めることなので」と冷静さを保っている。オーストラリア戦でのゴールはすなわちW杯本大会を手繰り寄せることを意味する。「もちろんFWなので(ゴールを取りたい)」と言葉に力を込めた。

「ブラジル(W杯)で何もできなかった自分がいたので、その借りを返したいという思いがすごくある。自分の手でつかみ取りたいです」

 エースの貫禄が出てきた27歳のストライカーは内に秘める闘志をぎらぎらと滾らせていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images