最もエキセントリックな髪型を ペルーの若者を非行から救う憧れの職業、理髪師

写真拡大

著:J. Tadeo、 Gabriela Garcia Calderon Orbe

 身体的な風貌や身だしなみが今ほど重要なことはこれまでほとんど無かった。この場合、それらはペルーの青少年を犯罪から守り、理髪師のような正当な職業に就くことを促進するのに役立っている。

 ペルーの主要な港であるエルカラオは、ペルーの首都があるリマ歴史地区からさほど遠くない太平洋の海岸沿いに位置している。ここは犯罪発生率の高い地域であり、路上強盗や違法薬物の販売が増加している。2017年4月に発表された調査結果では、住民の51.5%が安全であるとは感じていない地域だ。

パオロ・ゲレーロ選手 A.RICARDO / Shutterstock.com

 同時に、他の中南米諸国と同様、ペルーは男性向けの美容サービスの需要の増加を経験している。パオロ・ゲレーロ選手(ペルー)、アルトゥーロ・ビダル選手(チリ)、ペドロ・ガジェセ選手(ペルー)、そしてネイマール選手(ブラジル)のような個性的な髪型を持つ人気スポーツ選手の風貌を真似したいという機運の高まりに合わせ、一般市民は彼らスポーツ選手の念入りに手の込んだヘアスタイルを模倣できる熟練した理髪師の手技をいっそう頻繁に求めるようになった。

 想像力と創造性の両面で既成概念の枠を超えようとする未曾有のルックスへの要求が、2014年以来毎年開催されている恒例イベント「ザ・バトル・オブ・バーバーズ」の契機にもなった。このイベントでは、最もエキセントリックなヘアスタイルを実現できる理容エキスパートの座を賭けて、理髪師たちが手腕を競い合う。この模様は以下の動画で観ることが可能だ。(この競技の最新版の動画は、Facebookの「ザ・バトル・オブ・バーバーズ」の全体公開プロフィールページで閲覧できる。)

 ここに、エルカラオにあるアウグスト・サラザール・ボンディ学校のような教育機関が若者を説得する機会を得た。凶器と引き換えにヘアスタイリング用の道具を手に入れ、悪の道への誘いの代わりに理髪師を目指すトレーニングを受け、そして理容の芸術的技法を身につけた暁には、未来への扉を開けて職に就くことができると説得した。

 この理髪師という職業そのものと、この職がもたらしうる将来的な飛躍の機会に動機づけられた多数の若者が、現在とても流行しているこの職を手に付けたい、という希望を抱いて努力している。

A post shared by Batalla de Barberos Perú (@batalla_barberos_latam) on Jan 20, 2016 at 10:21am PST

 学校は新学年開始前の3月に技術トレーニングワークショップの開催を発表し、その成果についても報告を行った。

 「1995年、当校は、近隣コミュニティのみならず地区内で唯一のテクニカル・スクールとなりました。子供たちに対して抱く愛情をもって私たちが教育コミュニティを作り上げることができたという事実に大きな誇りを持っています。」

This article was originally published on Global Voices. Read the original article.
Translated by ka28310 via Conyac