ホワイトな飲食店は…

写真拡大

企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは2017年8月29日、飲食店業界の「ホワイト度」ランキングを発表した。

「法令順守意識の高さが伺えます」

1位は、「びっくりドンキー」を展開するアレフだった。平均残業時間 18.4 時間、有休消化率61.0%は、業界平均(残業 48.0 時間、有休 26.7%)を大きく上回る。待遇への満足度も飲食業界の多くが2点台の中、3.40点を記録した。ヴォーカーズに寄せられたアレフ社員の口コミを見てみると......。

「近年は法令遵守に力を入れて整備をしていると感じました。会社員として今まで放置されていた労働環境や社内規定を見直すといったことを改めていこうとする取り組みを行っているようです」(営業販売、男性、アレフ)

「法令遵守の意識が高く、いい意味でも悪い意味でも会社の利益よりも先に社会へ還元するという意識を強く感じる。ただし、その影響もあり、コストに関しては若干努力不足がうかがえる」(マーケティング、男性、アレフ)

ヴォーカーズが発表したリリースでは、アレフについて「必ず年に 2 回 5 連休を取るよう促されるなど、法令順守意識の高さが伺えます」としている。

ツイッターなどネット上でも、

「びくドン、ホワイトランキング1位で、あの安さ、美味しさは凄いな!」
「まあ確かにびっくりドンキー利用して不快な思いしたことないからなぁ」

などと話題になっている。

その他、スターバックスコーヒー ジャパンが2位、牛丼チェーン「松屋」の松屋フーズが4位、カフェチェーン「カフェ・ベローチェ」のシャノアールが7位、ラーメンチェーン「丸源ラーメン」の物語コーポレーションが8位、日本マクドナルドが9位。馴染み深い飲食チェーンの運営元が、上位に名を連ねた。

3位は、JR東日本系列の日本エンタプライズだった。JRの系列企業としては、ジェイアール東海パッセンジャーズ(5位)、ジェイアール東日本フードビジネス(6位)も上位に入った。

2015年以降に「Vorkers」に投稿された飲食業界のレポート3200件を基にまとめられた。対象データは、回答者数10 人超の企業。集計期間は、2015年1月から2017年7月まで。