“不動のキャプテン”長谷部が豪州戦へ平常心を強調 ハリル監督も「落ち着いている」

写真拡大

指揮官も絶大な信頼を寄せるチームリーダーが帰還

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦を翌日に控え、日本代表の主将であるMF長谷部誠(フランクフルト)はバヒド・ハリルホジッチ監督も「落ち着いた状態でゲームへの準備を進めている」と明かした。

 長谷部はハリル監督から「欠かすことのできない我々のキャプテン」という絶大な信頼を得ているが、この最終予選では3月と6月の3試合を負傷欠場した。ブンデスリーガのゲームでゴールポストに膝を強打し、フランクフルト関係者が手術が必要な怪我とコメントしたことが報じられたにもかかわらず、ハリル監督は3月のUAE戦への強行招集に踏み切ったほど。結局、試合への帯同は実現しなかったものの、長谷部の存在の大きさを感じさせる出来事となった。

 その長谷部が約9カ月ぶりに代表復帰したことは、ハリル監督にも心の安定をもたらしたのかもしれない。長谷部は「明日、どういうメンバーで向こうが出てくるか様々な想定はしている。自分たちとしてのやり方はかなり考えています」とした上で、ハリル監督が大一番を前にどのような選手へのアプローチをしているかについて、こう明かしている。

「1試合も落とせないヒリヒリする戦いだった」

「この試合だけではなく、最終予選はUAE戦(ホーム)で負けてから1試合も落とせない試合が続いてヒリヒリするような戦いだった。ホームでイラクに最後の最後で勝ったり、アウェーのUAE戦もそこで落としたらもう厳しいという状況にもなった。監督もそういう時よりは落ち着いているかなと。明日やりたいサッカーはハッキリとポジティブに伝えているし、非常に明確だと思う」

 長谷部はこう語ると、「ミーティングも短めなんでね」と報道陣の笑いも誘った。この大一番に向けて「経験」を一つのキーワードにしたハリル監督だが、代表104試合出場を誇り、岡田武史監督、アルベルト・ザッケローニ監督、ハビエル・アギーレ監督、そしてハリル監督と4代にわたってキャプテンを任命されてきた男の復帰は、日本代表にとって最大のグッドニュースになっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images