ボヌッチ、息子がユーヴェ退団を喜んでいるらしい

写真拡大

『Football Italia』は29日、「イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、ユヴェントスから離れたことについて語った」と報じた。

今夏のマーケットでユヴェントスからACミランに移籍することを決めたボヌッチ。その取引は4000万ユーロ(およそ51.9億円)になったと言われている。

ユヴェントスのサポーターからは激しい批判が飛んでおり、金のために移籍したとも揶揄されている。

しかしボヌッチは代表チームでの記者会見で以下のように話し、もともとユヴェントスが拒否しなかったからだと指摘した。

また、トリノのサポーターとして知られる息子のロレンツォがユヴェントスからの退団を喜んでいることも明かした。

レオナルド・ボヌッチ

「僕にとって、ジョルジョ(キエッリーニ)、アンドレア(バルザーリ)、ジジ(ブッフォン)は友人であり、チームメイトであり続ける。

なぜなら、我々のプロ選手としての道は分岐することになったが、ドレッシングルームで作ってきた関係はこれからも残るからだ。

僕は彼らから多くのことを学んだ。そして、彼らが大いに成長を助けてくれた。

今は、彼らとともに代表チームでの冒険に出る。そして、考えているのはスペイン戦と、イスラエル戦のことだけだ」
レオナルド・ボヌッチ

「僕はよく論争の的になってきた。それについて話すのは、僕がサッカー選手としても男としても重要なポイントに達したからだ。

ユヴェントスを離れることを決めた。なぜなら、クラブがその選択肢をくれたからだ。僕はそれを選んだ。

クソ野郎と呼ばれた。反逆者と呼ばれた。傭兵と呼ばれた。3つの重い形容詞だ。ユヴェントスのために全力を尽くしてきた男に対して、これだ。

僕はお金のために移籍したわけではない。昨年と同じような給与だ」

(ユヴェントスについて)

「僕は偉大な王者たちとプレーしてきた。そして、彼らなしではこれほど出来なかっただろうね。

ロレンツォ(トリノファンの息子)は今本当に喜んでいるよ。なぜなら、今や自由にトリノとアンドレア・ベロッティを応援できるからね!」

(スペイン戦について)

「勝利したいが、それは容易ではないだろう。彼らには偉大な王者たちがいる。スペイン相手には苦しむはずだ。最高のイタリアを見せる必要がある。

この試合がもたらしてくれるモチベーションは、シーズン初期の試合で引き起こされる不安定な体調を克服させてくれるね。

セルヒオ・ラモスは世界で最も優れたディフェンダーだ。彼は昨季のチャンピオンズリーグで最高のDFに選ばれて、その能力を証明しているよ」