川崎Fが多摩川クラシコ先勝【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 30日にルヴァンカップ準々決勝・第1戦の4試合が各地で開催された。

 川崎フロンターレ対FC東京の多摩川クラシコは、2-0でホームの川崎Fが先勝した。0-0で折り返したこのゲーム。先制点が決まったのは74分だった。森本が倒されて得たPKを家長が決めて、川崎Fが先制する。90分には小林からのパスを受けた家長がゴールを奪って2-0で勝利。第2戦に向けて大きなリードを手にした。

 ベガルタ仙台対鹿島アントラーズは、3-1でホームの仙台が先勝した。仙台は60分に野沢のクロスから最後は中野が決めて先制すると、4分後に追加点。奧埜のヘディングシュートで2-0とした。

 アウェイゴールが欲しい鹿島は、75分に土居のゴールで1点を返すも、79分にレアンドロが退場になり、85分には再び奧埜の決められてしまう。終了間際にはブエノにもレッドカードが出て、9人で試合を終えた。

 ヴィッセル神戸対ガンバ大阪とセレッソ大阪対浦和レッズの2試合は、いずれもスコアレスドローで終了している。

 ルヴァンカップ準々決勝・第2戦は、9月3日に行われる予定。

text by 編集部