C大阪vs浦和は両者譲らずゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017準々決勝第1戦のセレッソ大阪vs浦和レッズが30日にヤンマースタジアム長居で行われ、0-0で終了した。

▽現在J1で5位のC大阪と8位の浦和の対戦。C大阪は直近の鹿島アントラーズ戦から全選手を入れ替えて、関口やリカルド・サントスらを起用した。対する浦和もメンバーを落とし、直近の清水エスパルス戦からはGK西川、遠藤、マウリシオ、梅崎、武藤、矢島を引き続き起用した。

▽立ち上がりは、ホームのC大阪がボール保持率を高めながら能動的に仕掛けていく。それでも、最初の決定機は浦和だった。21分、波状攻撃から最後はボックス内の青木がシュート。ループ気味になったボールがゴールに向かったが、これはC大阪GK丹野のファインセーブに遭う。

▽一方、C大阪は26分に相手のミスを突いてビッグチャンスを迎える。高い位置で矢島からボールを奪った木本がラストパス。最後は正面のリカルド・サントスがダイレクトでこれに合わせたが、シュートをミートさせることができず、枠をはずれる。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる。浦和は39分、バイタルエリアで仕掛けた伊藤がミドルシュート。しかし、これはわずかに枠の右にはずれ、試合はゴールレスのまま折り返した。

▽迎えた後半、先に相手ゴールを襲ったのは浦和。49分、遠めの位置から矢島が入れたFKにゴール正面の遠藤が頭で合わせる。このシュートは、わずかに枠の右にはずれた。

▽後半の半ばにかけて、浦和は58分に負傷のマウリシオに代えて18歳の橋岡、そして63分に伊藤を下げてラファエル・シルバを投入する。対するC大阪は77分、斧澤に代えて柿谷を送り出す。

▽その後は、ポゼッション率を高めた浦和が積極的に仕掛けたが、最後までスコアは動かないまま試合終了。第1戦はゴールレスドローで幕を閉じた。