長谷部誠【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は30日、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦に向けて前日練習を行った。

 3月に右ひざを手術した長谷部誠だが、所属するフランクフルトではリーグ戦でフル出場も果たしている。本人も「問題ない。日に日に良くなっていますし、プレーしている最中も気にすることのないくらいにできている」と話した。

 それでも、「非常に難しいけがだったので、自分の頭の中には8月31日がずっと頭の中にはあった」という。今回の一戦に照準を合わせる中、「焦ってぶり返しても良くない」と冷静に自身の状態に向き合い、『万全』に近いところまで回復させた。

 オーストラリアに勝てばW杯出場が決まる。長谷部は「6月から2ヶ月以上代表戦がなく、時間的にはもう少しあればいいなという思いはありますけど」としつつもこう語る。

「このゲームのために代表スタッフは長い間研究して、自分たちのやり方っていうのを考えてくれたし、この短い時間でチームに伝えてくれた。本当に明日は、とにかく仲間信じてやるだけ」

 今回、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は27人の選手を招集しているが、メンバーに入れるのは23人。キャプテンは「4人ベンチにも入れずっていう選手がいる中で、日本代表の強みである『チームのために』という思いがみんなからひしひしと伝わる」と言う。大一番での勝利を、全ての選手が望んでいる。

 重圧がかかる試合で、ベテランとしてチームを落ち着かせる役割も求められる。「若い時、先輩たちがいるだけでその存在に安心感を覚えた」と過去を振り返る長谷部。その先輩とは「中澤佑二さんであったり、ナラ(楢崎正剛)さん、俊さん(中村俊輔)、(川口)能活さんたち」だという。「今度はそういう存在に自分がなっていれば」と長谷部は述べた。

 頼もしいキャプテンがメンバーにいるだけで、周りの選手たちは安心できるだろう。長谷部誠は、ハリルジャパンに不可欠な存在だ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部