マティツインFISU会長

写真拡大 (全2枚)

(台北 30日 中央社)ユニバーシアードを主催する国際大学スポーツ連盟(FISU)のオレグ・マティツイン会長は30日、台北などで開催された今大会について、非常に成功を収めたと語り、過去最高の大会の一つだと称賛した。

この日の記者会見でマティツイン会長は、今大会のために新たに建設されたのは2会場のみで、その他は既存の競技場が使われたことに言及。これは国際オリンピック委員会(IOC)が2020年の東京五輪で進めようとしている方式だとし、台北ユニバはこの方式が実行可能であることを証明したと語った。

記者会見に同席した蘇麗瓊ユニバーシアード執行長は、今回の経験を生かし、今後台湾でより多くの国際大会を開催できるようになればと意欲を示した。

(梁珮綺/編集:名切千絵)