画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは29日、新型「2シリーズ クーペ」「2シリーズ カブリオレ」「M2 クーペ」を全国のBMW正規ディーラーにて発売した。新世代のヘキサゴナル・デザインのLEDヘッドライトを採用するなど内外装を一新し、装備も充実させている。

今回発売された3モデルのフロントデザインには、六角形に輝く新世代のヘキサゴナル・デザインのアダプティブLEDヘッドライトを装備。より幅広なキドニー・グリルのフレームと、大型化したエア・インテークなどを採用することで、モデルの特徴であるワイドなデザインを際立たせている。リヤには新しいデザインのL字型LEDリヤ・コンビネーションライトを採用。立体感を強めるデザインとした。

インテリアはハイグロスブラックのセンターコンソールや新作のインスツルメントパネルを採用し、インテリアトリムには上質なクローム加飾が追加されている。装備面では、アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージを従来のオプション設定から標準装備とし、運転席と助手席にフロント・シート・ヒーティングも標準装備した。なお、「M2 クーペ」はアドバンスド・パーキング・サポート・パッケージの設定がなく、フロント・シート・ヒーティングは従来から標準装備している。

価格は、184PSのエンジンを搭載する「220i クーペ スポーツ」が503万円、184PSのエンジンを搭載する「220i カブリオレ ラグジュアリー」が599万円、340PSのエンジンを搭載する「M240i クーペ AT」が683万円など(価格はすべて税込)。